三陸養殖昆布

・・・・入札2回目。

そんなアホなというぐらい相場が下がった。

過去に例をみないぐらいの下げ幅。

あーあ、やっちまった。

一応前回より下げ価格で応札したんだが全体からみると際立って高い価格で落札してしまった。

案の定・・・関西圏の昆布屋から速攻で社長宛に電話!

電話の内容まで聞かなかったが多分「瀬川さんやっちまったなあ~」って感じの話だと思うわw

まあいいわ、自社内で処理できるから・・・(言い訳)

同じ週の道南入札は流石に怖くて応札できんかった、「社長、俺今週は無理っす。社長が応札してください。」って感じでスルー。

自社で消化するのは良いのだが、きよすけが落札したので自分の得意先で少しでも販売と思い社畜達に電話した。

きよすけ 「もしもし、高品質の三陸昆布を落札したから買って!」

M社畜 「えー、最近弊社では三陸昆布の扱いはありません・・・・」

きよすけ 「ふざけんな! 扱いがないのならこれから売れ!」

M社畜 「・・・無茶なことを・・・」

きよすけ 「なんのための社畜同盟だ! 困った社畜がいたら助け合うのが仲間だろ!つべこべ言わず企画するなり転売するなりなんとかしろ! 三陸から広島に輸送する途中にお前の会社があるから勝手に昆布を降ろして売上伝票切るからな!」

M社畜 「・・・・豊洲で販売を検討してみます・・・グスン」

よし、これだけ脅したら少しは販売するだろうw

じゃあ、別の社畜に電話!

きよすけ 「もしもし、今が旬な三陸昆布を落札したから買って!」

K社畜 「はあ? M社畜に売ってもらえば? うちはいらん!」

きよすけ 「M社畜には電話したわ、K社畜にも助けてもらいたくてね。お願い。」

K社畜 「OK、部下たちに声を掛けてみるわ、で!値段は?w」

きよすけ 「あー、言いたくない・・・高いから・・・」

K社畜 「なんじゃそりゃw ちょっと落札表FAXしてw」

きよすけ 「OK」

とFAXを流す。

K社畜 「マジで死ね! これを売れと?w」

きよすけ 「うん、お願い! 社畜は助け合いの精神が大事だと思うよ、ね、ね、売って。」

K社畜 「とりあえず、得意先に声だけでも掛けるわ。」

社畜たち! 頼むできよすけの窮地を救ってくれ!

あ、社畜たち以外にたっちゃん(ご子息)にも売ってもらおう。

きよすけ 「たっちゃん、三陸昆布を落札したから売ってきて!」

たっちゃん 「了解です。どこの得意先に紹介すればいいですか?」

きよすけ 「とりあえずAに見積提出して。」

たっちゃん 「ほーい。」

たっちゃんは本当に良い子だ、舎弟Kと違って素直さがある。きよすけの言うこと聞いてくれるもんw

はあ、ほんまに苦労するものを買ってしまった・・・

できるだけ早期に完売できるようにがんばろう。

ではまた、きよすけより。

商品の終売と新商品

今まで多種多様なニーズに対応する為、数多くの商品を取り揃えていましたが今回、工場の効率化及びコスト削減を理由に大規模な終売を行います。

もう在庫の管理も大変だし、小ロットの製造も効率悪いし・・・・

今後もどんどん商品整理をする予定です。

また代替品として新商品を発売しますのでご検討お願いします。

ではまた、きよすけより

外出をしなくなって。

春より、必要最低限しか外出をしなくなった。

休みの日はいつも自宅で過ごす。

何か家で遊ぶことはないか考えたら、きよすけPCと子供用PCを新規で自作したことを思い出した。

じゃあ、親子でネットゲームすれば面白いんじゃね~?って思ったのよ。

40過ぎの父親と20過ぎた子供が遊ぶ? マジでイメージが湧かんかったけど、やってみたら案外面白いw

今でも休みの日はずっと親子でネットゲームやってます。

少しづつですが感染者が増えているようです、皆さんも外出は最低限にしてリスク回避をしましょう。

って言っても政府がGO TOキャンペーン・・・

まあ、十分注意してください。

ではまた、きよすけより

え?違うの?w

きよすけ、舎弟K、ご子息と3人での会話。

きよすけ 「今日も社長に監禁された~。」

舎弟K 「まあ、いつものことなので同情もしませんw」

きよすけ 「でも、最近社長の精神状態が穏やかだから助かるわ~」

舎弟K 「え? いつも俺たちには穏やかにしゃべってくれますけど・・・w」

ご子息 「ですよね~w」

きよすけ 「え?そうなの?w」

舎弟K 「あのですね、俺たちは社員ですから社長として穏やかに会話をしてくれますけど、きよすけさんは社畜なんで、調教の意味も込めて怒られる時があるんじゃないですか?w まだまだお前を調教するぞって言う意味でw」

きよすけ 「マジか? 俺だけ?w」

ご子息 「www(いまだに親父に調教されてるわw)」

舎弟K 「多分ですけど、俺たちと接する時の社長ときよすけさんと接する時の社長は別人ですw」

あの~、社長! 別人格をお持ちですか?w

ではまた、きよすけより

パブロフの犬

現在、ご子息を教育中・・・

まあ、きよすけはご子息の教官ってことだな。

側について教えているのだが出荷場での出来事。

出荷手配をするご子息を見ながら的確に指示を出すきよすけ。

さすがオールラウンダーな俺、部署違いな場所でも問題ない。

ずっと腕を組み見守っていた時。

ご子息 「きよすけさん、さあ、いっしょに荷札を貼りますよ、手伝ってください。」

この言葉を聞いて瞬時に教官からご子息の丁稚に早変わりw

きよすけ 「あ、うん」

なんかパブロフの犬のように反応してしまう・・・

一族の血がなせる業なのか?それとも社長が徹底的にきよすけを飼いならしてしまった為なのか、教官の立場を忘れ丁稚になってしまう・・・

刷り込みって言うのかな、ホント怖いわ。

きよすけ 「なんで教官なのにご子息の丁稚扱いなんだよ~、立場が逆転してるでしょ!」

ご子息 「wwww」

きよすけ 「絶対社長か社長夫人に教え込まれているでしょ。きよすけは一族の丁稚だから、あなたもちゃんと使いこなしなさいって。w」

ご子息 「www(爆笑)」

きよすけ 「マジで瞬時に丁稚モードに入ってしまったわw 自分で言うのも変だけどご子息の父親はすげーよ、ここまで俺を調教してるもんw」

ご子息 「www」

社長様・社長夫人様へ

私はあななたちの丁稚です! 息子に譲渡するのはやめてくださいw

息子に譲渡されるとマジで定年まで丁稚奉公する羽目になるじゃんw

ではまた、きよすけより

ようやく1年経過

心の病から復帰してようやく1年が経過する。

未だ症状が完全には治らない。

先日訪問した某得意先の社長さんから

「顔を見るときよすけはまだ完全に治ってないなあ、仕事量を減らして負担を軽くしないと。」

と言われた。w

正直、症状がでそうになる時がある。

「ああ、再発するかも」と不安。

こんな状態ですが仕事がんばってますw

え? もうポンコツじゃん!って?

知ってるよw だから担当引き継いで、得意先に迷惑をかけないようにした。

さらに営業も商品企画も新課長に任せたw

今は会社のコアになる仕事だけを処理しています。

一旦仕事量を減らし、再起を図りますw

ではまた、きよすけより

近況報告

某ウイルス対策として自宅待機の期間があった。

現在はほとんど緩和され通常業務に戻りつつある。

じつは数日前出張も行ってきた、九州地区だけど・・・

長年担当していた得意先をご子息に引き継いでもらう為。

これで定期の九州出張はなくなります。

営業部も課長を任命し託しました。

着々と終活を進めるきよすけでした。

ではまた、きよすけより

久々の更新

感染リスクを防ぐ為、少しでも常勤の人数を減らしたい。

そんな時に便利なのが会社のすべてを把握できている社畜!!

マジで使い勝手いいわ! どんな部署でも業務可能だからね。

取り合えず、2日間ほど出荷業務をしてみた。(予行練習)

舎弟K 「きよすけさん、完璧です! 流石社畜!」

ですよね~、ですよね~ 俺、何をやらせても完璧なんです。

大変な時にこそ、どんなことでもできる社畜の利用価値が上がるのです。

みんな、非常事態になって初めて社畜の価値が判ったみたいだな。

普段は社畜・社畜と馬鹿にされ、社内で迫害を受けてきたきよすけ。

やっと、脚光を浴びるようになったぞ!

ではまた、きよすけより

記念日

3月11日は瀬川食品とって大切な記念日だ。

きよすけ 「11日は瀬川にとって大切な記念日なんだけど知ってるよね?」

社員 「・・・・知らん。」

きよすけ 「え? みんなクビになりたいの? 大切な日なのに知らないなんて」

社員 「・・・・、とりあえずどんな記念日なのか教えてもらおうか」

きよすけ 「えーっとね、きよすけの心が壊れて会社に来なくなった日だよ」

社員 「・・・・・・」

きよすけ 「あれから1年たったよね、お祝いをしないと」

社員 「・・・・・」

きよすけ 「無事に復帰したきよすけをみんなで祝うのだ!!」

社員 「馬鹿か・・・・」

きよすけ 「みんな花束用意しろ! 瀬川の社畜復帰記念じゃあ!」

舎弟K 「・・・・いいかげんにしろや。お前が勝手に休んだだけだろ!! 迷惑してたのは俺たちの方じゃあ、何がお祝いしろじゃ、逆に迷惑かけた俺たちに何かしてくれ!」

きよすけ 「・・・・いやいや、お前たちの上司が無事復帰したお祝いが先じゃあ。本日からプレゼントを受け付けるぞw」

さてさて、社員からのプレゼントは届くのだろうか。

ではまた、きよすけより

少し危機感

各企業から訪問を控えてほしいとの要望がFAXで送られてきた。

まあ、当然だわな。

この時期に訪問し人と接することはできるだけ控えるべきである。

しかし、営業が外出できないとなると、暇である。

今の時代、携帯と電話があれば商談が可能だが、やっぱり何か物足りない。

各企業の営業マンは今、どうしているのだろうか?

このままだと昆布業界にも影響がでてくるかもしれない。

そうなれば、零細企業の瀬川食品も大変なことになる。

そういった意味で少し危機感が出てきた。

早く普通の状態にもどらないかなあ。

ではまた、きよすけより