昆布の入札

今年も昆布の入札が始まりました。

昨年が非常に高騰して大変でしたので今年は安定した価格でお願いしたい!

それと、入札は毎回ヘトヘトになるぐらい気力を使うし、不眠症になるから今年は不参加を社長に伝えた。

社長の答えは・・・・

社長 「うるさいボケ! 俺も入札には神経を使うんじゃあ! お前も手伝えや!」

と言うことでした。

今年もきよすけが応札していいんですか?

また社長の希望する価格を無視して応札しますよ?w

普段は従順な社畜なんですけどね、入札に関しては我を通す癖があるんです。

できるだけ皆さんにご迷惑をお掛けする価格にならないようにしますので今年も宜しくお願いします。

ではまた、きよすけより

 

 

きよすけ戦記㉓

仕入業者が持ってきたデザイン

はあ?

株式会社 瀬川食品?

お、お前、何年うちに出入りしとるんじゃあ!!!

ネタか? ネタなのか?

マジで持ってきたのなら出入り禁止じゃあ!!!w

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記㉒

5月の忙しさから解放され3月の時と同じように平穏な日々が過ぎていく。

3月の時とは違いメールすら激減です。

今年はちゃんと休みが取れてるし、こうして平穏な日々が送れる。

あれ?これって社員と同じじゃん。

気分爽快で工場の見回り・・・うんうん問題ない。

しかし、工場内にある拷問部屋・・・じゃなかった「ねーさんのお部屋」に暗雲が・・・

ねーさん 「きよすけ、最近お前は気分がいいだろ。」

きよすけ 「はい、平穏な日々を送っていますし、自分の仕事に集中できて良い環境ですね。」

ねーさん 「だよな、お前のご主人様のダーゲットが私になっていることを知っているか!」

きよすけ 「ああ、だから俺の周りは平穏なんですねw」

ねーさん 「なんか超イラつくんだよね、お前はいつもこんな状況で過ごしてたの?」

きよすけ 「そーだよ、しんどいでしょw まあ、案件が片付くまでその状況から抜け出せないよw」

ねーさん 「マジですか・・・」

きよすけ 「すまんけど、当分ターゲット役お願いね、もうすぐしたら昆布の入札が始まって解放されると思うからw」

ふふふ、ねーさんがターゲットにされてるとは知らんかった、これで当分きよすけには平穏な日々が続くと思われる。

だけど、ねーさんはご主人様との会話が下手だから少し心配。と言いながらきよすけに被害がなければいいんだけどねw

ではまた、きよすけより

久々に激怒しました。

仕事を終え、帰宅すると食卓には塩こんぶを使った酢の物があった。

社畜の嫁らしい料理である。

が、しかし!!!! よく見ると瀬川食品の塩こんぶじゃねーわ!!!

〇〇〇〇!!(関西圏のメーカー)

マジでブチ切れた、その日の夕食は意地でも食わんかったわ!

なんで瀬川食品の社畜が他社の売上に貢献せにゃあいかんのじゃ。

瀬川食品から給料をもらい、その給料で瀬川食品の商品を買う、それが社畜の務めである!!

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記㉑

朝、きよすけの机に入札表が置かれていました。

入札日を見ると今日・・・・

もっと早くに教えてほしい。

時間が迫っているから急いで営業に昆布が必要かを聞いて回るが、みんな無反応・・・

まあ、高いから買う意欲ないよねw

社長 「きよすけ、今日はどうする?」

きよすけ 「みんな必要なしとのことです。よって入札はスルーしましょう。」

社長 「〇番の昆布は?」

きよすけ 「ああ、社長も〇番が気になりましたかw でも〇〇〇〇円すると思いますので、おやめになった方がいいと思います。」

社長 「お、感覚が鋭いな、俺もそのくらいすると思う。でも何か札入れたいw」

きよすけ 「参加することに意義があるですかw まあそういう事ならお任せします。」

社長 「あー、俺、今日は忙しい、きよすけが入札して!任せるからw」

きよすけ 「了解です。」

さて、きよすけの価格で落札できたでしょうか?w 結果は業界のみなさんなら知ってるでしょw

ではまた、きよすけより。

きよすけ戦記⑳

ある商品(シリーズもの)をリニューアルしようと計画しています。

話し合いの中で決まったことは

①種類を減らす

②素朴さをテーマにしたデザインで決してカラフルにはしないこと

などなど。

早速、仕入業者Yさんを呼びました。

きよすけ 「そろそろ、あのシリーズ物をリニューアルするぞ」

Yさん 「ようやくですか、早速デザインに取り掛かります。」

きよすけ 「その前に言いたいことがある。まず種類を減らす」

Yさん 「ダメですね。種類が減ると言うことは納品する資材が減ると言う事です。それは私の売上が減ることを意味しますので却下です。」

きよすけ 「そんなん知るか! 兎に角、種類は減らす。言う事を聞かないなら業者を代える!」

Yさん 「・・・・仕方ないですね、種類を減らすのは了解しました、じゃあデザインの色数を増やして1袋単価を上げましょう、これなら納得します。」

きよすけ 「ごめん、素朴さを求めた規格にしたいので色数は増やさない方向で。」

Yさん 「はあ? 写真を織り交ぜたデザインにしますから色数が増えますけど」

きよすけ 「写真はいらん、素朴さを優先させる。」

Yさん 「そんなデザインにしたら低コストの袋ができるじゃないですか!! きよすけさんは私の売上のことを考えてない!」

きよすけ 「何度も言うようだが、お前の売上なんて知らん。」

Yさん 「そんな無慈悲な回答は聞きたくありません、素朴なデザインと写真入りの素晴らしいデザインの2種類を考えきますので、せめて検討だけでもしてください。」

きよすけ 「検討などしない、素朴なデザインだけ考えてきて。」

Yさん 「・・・・・きよすけさんは無理でも他の方が検討してくれるかもしれませんので2種類考えてきます!! それでは今日はこれで失礼します!」

強引さは前任者と変わらんじゃんw

ではまた、きよすけより。

きよすけ戦記⑲

少しご報告が遅れましたが4月末は弊社の決算でした。

今回も皆様のご尽力で何とか乗り切ることができ、大変感謝です。

さて、決算が終わり新期スタートとなりましたが、毎年きよすけは決算資料作成の仕事が残っています。

さあ、今年もGW返上で作業開始です。

この作業、事務所の片隅にある会議室に閉じ籠り黙々と一人でするのですが、籠る時間が長すぎて毎回ナチュラルハイになる現象が起きます。w

そんな状態のきよすけの元に昨年は差し入れを持ってきてくれた素晴らしい方がいました。

仕入れ業者のYさんです。

今年も来るよね?w

そんな期待を持って5月3日がスタートしました。

今回、通年とは違い、資料がある程度デジタル化されており作業スピードが早い早い。この調子だと、これ以上GWに出勤する必要はなく、通常業務時間内で完成できそうです。

でも、まだY氏が表敬訪問に来てない! 絶対に来てくれる!!

・・・・3日の20時を過ぎました・・・来ないな・・・・帰ろうか。

優しいY氏のことです、4日か5日に来てくれるかもしれない。メールしよう。

きよすけ(メール文章) 「Yさん、仕事が早く終わりそうなので4日と5日はお休みします。Yさんもゆっくり休んでくださいね。」

っとメール送信!・・・・

「メールが届きませんでした。」

あれ? まさか着信拒否? 電波が届かないだけ?w

まあいいか、差し入れを買っていたら申し訳ないので、明日の朝一番に再度メールすることにした。

5月4日朝、8時30分

再度同じ文面でメール送信!

「メールが届きませんでした。」

んん? Yさん、きよすけのアドレスをブロックしてないかい?w

電話しようかと思ったが一般的には休日、得意先からの電話は良くないと思い自重。

5月5日朝9時45分

もしかしたら4日に瀬川食品に来たかも知れない、申し訳ないなと思いメール。

きよすけ(メール文章)「もし、4日に来社されていたら申し訳ないです。仕事が順調で4日5日はお休みします。ゆっくり休んでくださいね。」

ってメール送信!!

「メールが届きませんでした」

・・・・・・

3日間メールが届かないなんて・・・・完璧に俺をブロックしてるじゃん!!!

もういいや!!

5月8日通常営業日に彼はやってきた。

しかも彼からGWのことを言い出すとは良い度胸じゃん・・・

Y氏 「きよすけさんは今年もGWは仕事でした?」

きよすけ 「うん、仕事だったけど早く作業が済みそうだったんで4日と5日はお休みしました。もし、俺の居ない間に来てくれていたらごめんね。不在だったら申し訳ないのでメールしたんだけど、毎回拒否されてメールできなかった・・・」

Y氏 「あ、そうだったのですか、・・・メール来てないっすよ、まあどうせGWは訪問できなかったですけど!」

きよすけ 「!!!!!!!なに!!!」

Y氏 「もちろん、きよすけさんがGW中に仕事がんばっているのは知っていましたので差し入れを持ってご訪問する予定でした!!

きよすけ 「はあ?じゃあなんで来なかったんだ?」

Y氏 「訪問しようと思ったら急に熱がでて行けなくなりました!!

きよすけ 「お、お前、最近の幼稚園児でもそんなバレバレの嘘言わんわw」

Y氏 「私は紳士なので嘘は言いません!! 本当にGW中は風邪をひいて休んでました!!」

きよすけ 「ムキになって言い返すことが増々怪しい・・・」

Y氏 「じゃあ、今から差し入れ持ってきます!」

きよすけ 「そんな旬の過ぎた差し入れいらんわ。GW中に持って来てこそ価値があるんじゃあ!」

ではまた、きよすけより

 

きよすけ戦記⑱

ここ1か月ぐらい、目の回る忙しさが続く。

まあ、そのおかげで社長室を訪問する機会が激減してるからいいけどw

そんなある日、販売用の昆布が不足しそうなので昆布問屋さんに電話して回った。

電話して回ったのはいいが日本最大規模の昆布問屋さんに電話した時は昼食の時間・・・

やばい、時間の感覚がおかしくなっているから、お昼の時間だとは気づかずに電話してしまった。

きよすけ 「瀬川食品です。弊社担当の〇〇さんいますか?」

この時点で時計を見て、お昼時間と気づくw

受付 「少々お待ちください」

〇〇氏 「はい、代わりました。」

きよすけ 「すみません、すみません、お昼だと気づかずに電話してしまいました。また、改めてお電話しますので許してください。」

〇〇氏 「別にいいですよ。」(怒ってる?w)

この昆布屋さんに嫌われると弊社の運営に支障をきたす可能性がありますので、必死にご機嫌を伺います。

きよすけ 「ご存知の様に私は社畜でして、24時間365日仕事のこと考えており、時間の感覚が人間とは違い麻痺しています。何卒ご容赦の程、お願い致します。」

〇〇氏 「www、きよすけさんが社畜なのは業界に携わってる人なら誰でも承知してますから大丈夫ですよw」

きよすけ 「そう言って頂けると助かります。」

〇〇氏 「しかし、御社の社長はすごいですよね~、きよすけさんみたいな社畜を育てるのですからw」

きよすけ 「ですよねーw」

〇〇氏 「さて、ご用件はなんでしょうw」

きよすけ 「〇〇昆布ありますか?」

〇〇氏 「そんなもんねーわ!!w」

きよすけ 「ですよねーw」

次回のお電話する時は業務時間にさせて頂きますね。

ではまた、きよすけより。

 

きよすけ戦記⑰

ある会報がきよすけの元に回ってきた。

内容は各会社から優秀な社員集めて表彰式をしたとのこと。

優秀な社員とは「企業に従事する従業員であって、職場における勤務成績が優秀であること、他の模範になること」

はあ? どうしてきよすけが呼ばれてないの? すべてにおいて優秀なんですが! 他の模範になっていますが!!

20年以上も勤務して一度も表彰式に呼ばれたことがない・・・

会報がうちにあるってことは会員だよね。なのになぜ呼ばれない?

きよすけ不満爆発です。

この不満を仲間に言ってみた。

きよすけ 「なんで俺が表彰されないんだ! おかしいだろ!」

社員 「・・・・・(無視)」

きよすけ 「毎年表彰式があるらしいが一度も呼ばれたことない! どうなっているんだ!」

おーじぃ 「お前気づいてないの?w」

舎弟K 「教えてあげましょうか?w」

きよすけ 「なんだよ、言いたいことがあれば言えよ」

舎弟K 「きよすけは優秀ではないからです!」

きよすけ 「は?」

舎弟K 「自分で気づいてないのですか? 周りから見ればきよすけさんは優秀とは無縁のダメな社員です。」

社員「wwwwww」

きよすけ 「そんなことあるか!」

おーじぃ 「お前、可哀そうなやつだな、ダメ社員と気づいてないなんて・・・」

みんな酷すぎる・・・そこまで言うか・・・

舎弟K 「おまけに社畜に賞状なんて必要ないでしょ、ただ働いて死ぬだけの存在ですから。」

・・・・・俺・優秀じゃないらしい・・・・

・・・・・俺、社畜認定らしい・・・・

家庭でも会社でもきよすけの扱いが酷すぎるわw

もう放浪の旅に出たい・・・

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記⑯

大事件勃発しました。

なんと弊社だけ停電!!

それも一番忙しい時間帯に・・・

工場内の機械が稼働不可ので製造ができない!

PCの電源が落ちているので事務処理ができない!

電話もFAXも使用できない!!

お客様には大変ご迷惑をお掛けしました。すみません。

数時間後には電力が復帰したので何とかなりましたけど、社内は大慌てでした。

まず、停電後にしたこと。

①隣の会社にお願いして電気を借りる(延長コードで最低限の電力確保…なんせ工場内真っ暗だから)

②発動機?発電機?を急いで購入。電話とFAXを確保

③各業者を呼び、復旧後のメンテのお願い

弊社のお得先様はご存知と思いますが先月基幹システムを変更したばかりだったからマジ焦った。あ、サーバーやばくない?ってねw

そんでもって一番やばいのが社長激オコ状態w

どうなっているんだ!! 何がおこった! 仕事ができないじゃん!!

と社内を右往左往・・・誰か彼を社長室まで連れて帰ってくれ・・・

そんなパニック状態の会社、時計を見るととっくに昼過ぎてる・・・飯にしよう。

あ、部屋が真っ暗じゃん、飯食えねー

そういえば社長室は窓が沢山あって明るいわ、ここで食べようw

きよすけ 「すみません、ここで飯食べます」

と言いながら商談テーブルに座り、昼食

社長 「お、いっしょに食べようよ、お前がいるテーブルにいくわ」

きよすけ 「マジで勘弁してください、別々で食べましょう」

社長 「たまにはいいじゃん」

皆さん思い描いてほしい、社長室に2人のおっさんがいます。それも向かい合わせで弁当を食べている光景を・・・超キモイ!!

入社して初めて社長と仲良く弁当を食べたわw

今回のハプニングで思ったけど、電気がないと何もできないね。

昔は手書きで伝票を作成してたけど、今はPCがないとなにもできんし、工場も機械化が進み製造ができない。

良い機会だから少しだけでも災害対策を考えねば。

ではまた、きよすけより