神が舞い降りる

今年は彼に神が舞い降りることが多い。

彼ってだれ? えっと、きよすけのご主人様のこと。

先日もそうだった。

ご主人様 「きよすけ、今度の入札はどうする?」

きよすけ 「うーん、もういいです、どうせ高い価格ですし、今回は見送りでいいと思います」

ご主人様 「そうか、でも俺は応札するぞ。」

きよすけ 「・・・必要ないって言ってるでしょ! しかも絶対落ちそうにない価格しか札を入れないのだからやっても意味ないです」

ご主人様 「俺の勝負札をバカにするのか?」

きよすけ 「(失笑)・・・・勝負札って言ってもどうせ2???円ぐらいで札を入れる気でしょう、ご主人様の考えは読めますよ、全然落札できる価格じゃないです。」

ご主人様 「・・・・俺の勝負札の価格がよまれてる・・・」

きよすけ 「まあ、いつもいっしょにいますからなんとなく判ります」

ご主人様 「とりあえず、お前がなんと言おうと応札するからな」

と、こんな会話をしたんだが結果は落札・・・・

最近、こんな落札が多い気がする。

今年はご主人様に神が舞い降りて、きよすけには舞い降りてこない。

まあ、そんな年もあるか。

ではまた、きよすけより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA