函館入札開始

7月1日は函館の入札日だった。

今年も社長とのやり取りが始まるという事だ。

前日より現地にいる社長から続々と昆布の情報がメールで入ってくる! やっぱり新物の昆布は気合が入るねw

よっしゃ、入札の価格を決めるか!

・・・・あれ? 前日なのに社長から連絡がない・・・・今回は見送りか?

そして当日の朝にメールが届く・・・・「添付した価格に決めました、今回はこの価格でいきます」

嘘だろ、勝手に決めんじゃねー!俺の札を入れろや!

早速社長に電話!

きよすけ 「ああ?どういうこと? 俺の札はどうするんじゃあ?」

社長 「・・・・ああ、お前が考えている価格はたぶん高いでしょw 今回は却下でいいんじゃねえ?」

きよすけ 「うん、高いっす、でもいいじゃん必要なんだから!」

社長 「もし瀬川が高い価格で落札したら現地にいる俺が他社に殺される・・・・理解できるよね?w」

きよすけ 「社長のことは知らんがなw 札を入れさせろ!」

社長 「却下・却下・却下じゃ!!! 今回は俺の考えた価格しか入れん!」

きよすけ 「ふーん、そうですか、まあいいです。これからも入札あるしね。でもね社長、社長の考えた価格はひどすぎるでしょ、正直、入札表を提出するのが恥ずかしい・・・」

社長 「ふふふ、だよねw だから俺は提出しないよ、きよすけが提出しないさい!」

きよすけ 「・・・・・悪魔め・・・・」

という事で社長代理として提出することになった。

きよすけ 「おーじぃ、見てよこの価格・・・・ひどすぎるでしょw」

おーじぃ 「やっぱ社長だよな、相場を度外視した価格じゃんw これじゃあ200%落札できないじゃんw」

きよすけ 「だよね・・・提出する俺に身にもなってほしいわ。 せめて落札できる価格を入れてほしいわ。」

おーじぃ 「今年もお前苦労するなw あの社長のお守りは・・・w」

きよすけ 「代わってくれない?w 」

おーじぃ 「お前しか無理だろw 社長の相手をするのはw」

きよすけ 「ですよねーーーーーーーー。w とりあえず勝手に価格修正しよ、このままじゃ恥ずかしいw」

おーじぃ 「え?いいのか勝手に価格を修正してw」

きよすけ 「別にいいよ、怒られるのは俺だしw あ、すみませーん、あの価格は恥ずかしいから修正しましたーーーって言い訳するわw」

こんな会話を当日しておりました。

もちろん、お目当ての昆布は落札できていません。

ではまた、きよすけより(上記の記事は事実と異なります、勝手な妄想です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA