陳腐な言い訳

仕入業者I氏が陳腐なネタを提供してきた・・・・

普通ならブログにUPすべきではないネタだが罰の意味を込めて書いてみる。

次回はもっと高尚なネタを提供して頂きたい。

最近I氏は小技を覚え、きよすけに不快を与える見積書は部下のY氏に提出させることが多い。

そんなある日の午後にI氏がアポもなくやってきた。

I氏 「きよすけさん、見積書をみたかい? 部下のYが午前中に持ってきたと思うけどw」

きよすけ 「はあ?知らんな、今日はYさん来てないしー」

I氏 「あれ?変だな午前中に見積書を提出するように命令したけど・・・」

きよすけ 「ああ、そう言えばYさんから商談のアポがあったけど断ったよ、午前中は忙しいから午後に来てくださいってw」

I氏 「困りますねー、こちらの都合も考えてください、段取りが悪くなったじゃないですか!」

きよすけ 「そっちの都合なんて知らんがな」

そんな会話をしているとYさんが登場。

Yさん 「こんちわっす」

きよすけ 「これで2人揃いまいしたね、今日はなにか御用ですか?」

Yさん 「見積書を持ってきました、今回はこの単価で製造しますね」

その見積書をみると前回は数年前に製造して単価が4.20円、今回の製造単価は5.30円になっていた・・・・・

きよすけ 「はあ?なんじゃこりゃ? こんな見積書持ってくるなや! 商談中止じゃあ! 帰れ!」

I氏 「突然どうしたのですか? 落ち着いてください、何か変でしたか?」

きよすけ 「25%以上アップした価格やないか! そんなん認めんわ!ゴラァ!」

I氏 「今時そんな失礼な見積書を提出する訳ないでしょ、ウソつくのもほどがある!」

きよすけ 「じゃあ、この見積書を見てみいや!」

とI氏に見積書を見せる。

I氏 「あ、ホントだw Yよ、この非常識な価格はどういう事だ、あまりにも瀬川さんに対して失礼だぞ! 君は情け容赦ない営業マンなのか? 担当の私の顔を潰す気か?」

Yさん 「すみません、すみません。」

Yさんはすみませんを連呼する・・・・

きよすけ 「ちょっと待て、この見積書でYさんを注意するのはおかしい、この見積りを作成したのはI氏でしょ、I氏のハンコが押してあるし、部下のYさんが勝手に見積書を作る訳ないでしょ。 演技するのはやめてほしい!」

I氏 「チェ!バレてるのか・・・」

きよすけ 「あ、今、舌打ちしたでしょ、最近演技が下手になったよねー、ってことでこの見積書は却下!」

I氏 「あー、待ってちょ、最近円安で原料が・・・・」

きよすけ 「その言い訳も聞き飽きたわ、大幅値上げは却下じゃあ」

I氏 「あー、じゃあ、前回の価格が間違っていたわ、4.20円じゃなくて5.20円の間違いだった。この言い訳で良い?w これだと0.10円しか値上げしたことにならんでしょw」

きよすけ 「アホか! 適当な言い訳考えるなや! 今回製造する5.30円という単価がおかしいとなんで思わないんじゃ! もう商談は終わりじゃ、帰れ!」

I氏 「Yよ、今日はその見積書を持って帰ろう、分が悪い、改めて良い言い訳を考えて出直そう・・・・」

陳腐な言い訳しかできず、そそくさと2人は帰っていった。

ふ、そんなネタみたいな見積書は断じて認めないきよすけなのだ、今回は完全勝利!

I氏よ、次回はもっとマシな見積書を持ってくることを願う。

ではまた、きよすけより

備考 内容や登場人物及び価格は妄想です、実際にはこんな出来事は起こっておりませんので・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA