勉強しなきゃ

勉強って学生時代にするものって思ってないですか? 全然ちがうのですよ。

個人的な意見ですが学生時代の勉強は結果として就職できる窓口を増やす為になります。もちろん知識及び精神を豊かにしますけど。

勉強できなくてそこそこの学校に入ってしまうと就職の募集にもそこそこの企業しか学校の掲示板に掲載されない。もちろん地域採用枠で一流企業もある可能性があるけど。

つまり学生時代の勉強度合いは自分の就職に影響する。(自分の偏見が入っていますのでご容赦を)

仕方ないことだがみんな今の自分を見つめ直すと学生時代にもっと勉強しとけば良かったと思うんだよね。きよすけなんかすごく思うよ、もっと勉強して就職できる選択肢を増やしたかったとね。

でも自分のせいだからどうしようもない。

きよすけの場合は就職活動しても内定もらえずイライラして、いつも内定がもらえないのは学歴が悪いせいにしてた。そんな状態の人間を拾ってくれた素敵な瀬川食品なのにきよすけは入社して荒れたねw

「ああ、こんなはずじゃなかった。なんなのこの会社は」とか思って数年間過ごしてしまった。

でも気づいたんだ、このまま不貞腐れても進歩がないって。

で周りを見回すと自分よりスペックの高い人ばかり・・・・この時きよすけは27・28歳ぐらいだったと思う。

どの会社に入っても自分自身を成長させないと評価してもらえない。

幸いなことに中小企業の瀬川食品は従業員が少なく経営者との接触が比較的楽にできる環境だった。

まず、経営者が何を考えているのだろうか? 自分のボジションで何ができるだろうか?を考え実行してみる・・・・はたして経営者の反応は?・・・・・おお、ちょっと反応してくれたぞw

などなど色々前向きに考えると勉強(知識を広める)することも苦にならなくなってくる。

そんな状態が6年ぐらい続いた所でようやく社畜に任命された。(社畜人生の始まりです)

社畜になれても勉強(知識を広めること)を辞めることができない。だって経営者から強烈な一言が飛んでくるからw

「はあ?お前はまだそのレベルしか考えることができなの?w もっと高いレベルの答えを出せよw」

「お前の回答にがっかりするw もっとよく考えて喋れよw」

まあこの言葉はきよすけ以外には言わないはずだけどw きよすけには容赦ないんだよねw

実際に上記のように言わないこともあるけど、目で訴えてくるんだよね社長はw

だからセミナーに参加したり、会議に参加したり、本を読んだり少しでもまともな従業員になりたくて今でも勉強しています。

その勉強が少し実ったせいなのかわからんが四十路になった時、上級社畜に任命された。

でも勉強を辞めることはできないし相変わらず盆休み・正月休みの様な長期休みになると社長からこの本読め!って渡される。経営の本・利益の考え方の本などなど、もちろん読むけどね。w

いつも思うけど、どのくらいのレベルになったら社長の期待に添えられる社畜になるのだろうかとw

社長が思う理想の社畜レベルが10だとして今のきよすけは2か3か? まあそんな所かなw

少しづつですが引き続き勉強して会社に貢献できるように頑張ります。

長くなりましたが何が言いたかったかと言うと

勉強は社会人になってからも必要です!!

ではまた、きよすけより

備考 税務ニュース・労務ニュース・社会保険ニュース・もちろん昆布業界ニュース・・・・大量にメールがご主人様から届きます、もっと勉強したほうが良いよと言う無言のメッセージなんでしょうね・・・要望されているレベルが高い気がするのは・・・なのかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA