ねーさんの付き添い

ねーさん 「きよすけ、重たい物を買うから付いておいで、ついでに車の運転してね」

きよすけ 「あー、別にいいですけど何を買うのですか?」

ねーさん 「箒を○個と扇風機を○個とかw」

きよすけ 「とうとう、ねーさんも頭がおかしくなったんだね、この寒い時期に扇風機ってw 気が狂ったとしか思わんなw」

ねーさん 「ああ?現場は必死に作業しているから暑いんだよ、ゴラァ! お前みたいにボーとしている社員はおらんのじゃ! 丁稚は丁稚らしく大人しく付いて来ればいいんじゃ、ボケ!」

きよすけ 「で、でもこの時期に扇風機なんて売ってないですよ、ストーブとかなら判りますが。」

ねーさん 「店頭に無くても倉庫に眠っている可能性が十分に考えられる、きよすけが店員と交渉して売ってもらえば大丈夫。」

きよすけ 「ううう、僕が交渉するのですか。。。ねーさんがすればいいじゃないですか。」

ねーさん 「お嬢様と執事が買い物に出かけてお嬢様が店員と交渉するって変だよね?執事がするのが普通でしょ。」

きよすけ 「いつの間に俺は執事になったのですか・・・ねーさんといるとどうしてこんな役になるのですかね。いいですよ、交渉しますよ。」

そしてホームセンターの店員に扇風機ありますか?って聞くとやっぱり店頭にはなかったけどバックヤードにありました!!

でもそれを持ち帰るのが恥ずかしかった、店内で他のお客さんから「え?寒いのに扇風機?」って見られていると思うと・・・ねーさんは別に気にしてなかったみたいですけど。

ではまた、きよすけより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA