権力に屈するしか・・・

仲間内での会話

おーじぃ 「きよすけ、○○養殖○等を社長が買ったけど何に使用するんだ?」

きよすけ 「知らんよ、昨年の在庫もあるのに買ったってことは転売目的じゃねえ? 自社加工や営業で販売する気はないから買った人に責任もって処理させたら?」

(この際、社長を徹底的にいじめてやる!)

きよすけ 「大体、使用目的のわからん昆布を買う人の気持ちがわからん! 放置で問題ないでしょ!」

と話をしている隙にきよすけの背後に社長が忍び寄り。

社長 「きよすけ、冷たいの~」 (半分笑いながら)

きよすけ 「は? 全然そんなことないっすよ。買った人が責任を持って販売するって瀬川食品の鉄則じゃないですか、言ったのは社長でしょ!」 (言ってやったぞ!)

社長 「うん、でも俺が買った昆布はきよすけが処理するのも会社の鉄則だ!」

きよすけ 「そんな無茶な、勝手なルール作るのやめてもらえますか?、洒落になりませんよそんな鉄則は。」

社長 「ほー、社長命令だしてもいいけど?」

きよすけ 「あーあ、そんなことで権力を行使する?」

社長 「判った、止めた。やっぱりそんなことで権力を使うのはいかんな、別の処理方法を探そう。」

社長 「・・・決めた!! きよすけの給料を○○養殖○等にすることにしよ。w」 (笑いながら言うな!)

きよすけ 「現物支給ってことじゃん、いやですよ、判りましたよ、なんとかしますよ・・・・・」

うーん、どっちに転んでもきよすけに災難が降りかかる。w

教訓・・・どれだけ反抗しようが権力に屈するしか生き延びる道はなし!^^

ではまた、きよすけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA