さすが社畜

夜遅くに某の社畜から連絡があった。

商品の納期を短縮してほしいと言う依頼だ、それは良いとして、びっくりしたのが連絡があった時間w

きよすけも生粋の社畜と自認しているが、彼は私より底辺を彷徨う社畜のようだ。

彼には時間と言う認識が欠如している。この欠如が致命的。

公私のバランスが全くないのであるw

多分彼は仕事が片付くまでが就業時間なのである、つまり、何時になっても仕事が終わらなければ帰宅すると言う選択肢が一切ないのである。

私にもそんな時代があったのである程度は理解できるが、自分で言うものあれだが体壊すぞw 

社畜は絶滅危惧種に指定されているほど貴重な存在で、もう今の時代には誕生しない生物なのだから後任を期待する訳にはいかない。

だから現代に生き残った私達社畜は少しでも永く会社に貢献してこそ価値があると言うことをご自分で認識してほしい。

つまり、健康には十分注意してほしいと言うこと。

もう新たな社畜に出会える機会は無いと思う、だからこそ社畜仲間は大事にしたい。

ではまた、きよすけより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA