フードフェスティバルの準備

きよすけ 「ご子息様、本番当日の数日前に販売する商品が各企業から届きますので、舎弟Kに命令して商品を引き取ってもらってください。」

ご子息様 「了解です、舎弟Kにお願いしときます。」

きよすけ 「ああ、舎弟Kにもご子息様が一族ってことを知ってもらう為に、命令でいいですよ、お願いなんてする必要ないです。」

それを聞いていた舎弟K。

舎弟K 「その期間ならご子息が俺の部署で研修しているでしょ、自分で商品を引き取って管理すればいいじゃない。」

ご子息様 「ああ、そうか。その期間は舎弟Kの元で研修だったですね、了解しました、商品が届いたらきよすけに連絡して僕の替わりに引き取らせます。」

舎弟K 「うんうん、一族としては及第点だな、自分が動くことなく、社畜にやらすとは。w」

きよすけ 「なんで俺が? ご子息様は研修期間でその部署にいるでしょ?自分で引き取ればいいじゃん。」

ご子息様 「今のうちから社畜の扱い方を学びたくて・・・」

うちのご子息様、マジでさらりと社畜にやらすと言うんだなこれが。

はあ、ご子息様!父親の血が濃すぎます!!

ではまた、きよすけより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA