3秒前

帰る間際になって、ねーさんがやってきた。

ねーさん 「きよすけ、今まで出張中の社長と電話で話をしていたんだけど、A案件をきよすけにやらせろ!と言っていたので、頼むわ。」

きよすけ 「え? もう帰る時間なんで・・・」

ねーさん 「兎に角、社長からの伝言は伝えたからな、処理しないのはあんたの勝手」

本当に社長もねーさんも乱暴である。

急いで案件を処理しメール送信。

その時、社長から直接電話が掛かってきた。

社長 「あ~、きよすけ、ねーさんに伝えた件はどうなってるの?」

きよすけ 「あなたからの電話を取る、3秒前にメール送信して処理しました。CCで社長宛にも送ってますので確認してください。」

社長 「あ、そう。処理したんだ、ありがとう。」

あなた達はきよすけの都合は関係ないのですか?

私にはタイムカードが必要ないのでしょうか?

依頼を受けて即処理をしなかった場合はどんな処罰が待っていたのでしょうか?

依頼を受けてから10分後の電話でした、社長はきよすけが即処理すると思っていたのでしょうか?

一言いいたい、社畜を乱暴に扱うなら給料上げろや!!w

ではまた、きよすけより

おーじぃブチ切れ事件

一通のメールが事務所内に流れた。

おーじぃからのメールである。

内容は本日入荷した昆布についてのことだった。

しかし内容が問題なのである。

「だれがこんな昆布を買ったんだ、倉庫整理に困るだろ!」

というものw

え? 誰がって? そんなの社長しかいないじゃん。

こんなことで出張中の社長を困らせるのは忍びない、社畜が対応しなければ。

と言うことで、きよすけも倉庫に入り、おーじぃのお手伝い。

30度を超える気温の中、スーツ姿で昆布の整理。

乳首が透けて見えるほどYシャツがべちゃべちゃになった。

若い女性の衣服がスケスケなのは、目の保養になるが40過ぎのおっさんのスケスケ姿なんてみっともないったらありゃしない。

恥ずかしいので会議室に逃げ込んだ。

しかし問題が汗の匂いである。

ファブリーズを大量に噴霧しても匂いが漂うw

舎弟K 「なんか異臭がする。」

おかちん 「これ人間の匂いじゃないわ、獣臭がする」

散々な言われようである。

みんなに迷惑を掛けるので就業時間まで会議室にPCを持ち込んで籠ることにした。

皆様へ、出張中の社長を困らせるメールをするのはお控えください、社畜が対応することになりますのでw

ではまた、きよすけより

関東に出張

社長 「きよすけ、病気が治ったのなら関東に行ってこい!!」

え? まだ治療中ですが・・・w

まあ、行きますよ、会いたい人もいるし。

鶴の一声で10月に関東出張が決まりました。

得意先を何件訪問できるか判りませんが、朝一番の飛行機に乗り、もちろん帰りは最終便に乗り、目一杯仕事してきます。

きよすけ 「社長、10月に飛行機の予約取れました、早割なので経費が安くすみます。」

社長 「はあ? 今回はすぐに出張してほしいのに何を言ってるの? 少し高くなってもいいから、すぐに行けよ。」

・・・・・いつもは経費のことをブツブツ言うのに・・・・・

気を利かせて早割で予約したのに・・・・

あああ、これだから病むんだわw

きよすけ 「1週間ぐらい遅くても仕事にたいして影響ないと思います。」

社長 「まあそうなんだけど、気分の問題よね・・・仕方ない早割で予約したのならその予定でいいわ」

・・・・毎回、きよすけに因縁をつけなければ気が済まないみたい。もうここまでくるとクセみたいな感じだなw

社長 「で?どこを訪問するの? スケジュール教えて。」

・・・・あのね~、いちいちスケジュールまで管理するのやめない?w

あああ、これだから・・・(フェードアウト)

ではまた、きよすけより

リニューアル商品②

とろろ20gのデザインを変更します。

また、袋もチャック袋に変更です。

JANコードや価格・内容量の変更はありません。

現状の資材が無くなり次第、9月中に順次切り替わります。

やっぱり、チャック袋ではないととろろは売れにくいみたいです。

ではまた、きよすけより

リニューアル商品

25年以上続けた「つけもの昆布」のデザインを変更します。

ついでに規格も変更し、デザインの選定はきよすけではなく、ご子息にお任せした。

2019年10月1日より発売します。

今回の内容量は30g・袋はチャック袋です。

もし店頭で見かけたら購入をお願いしますね。

ではまた、きよすけより

見つめる目

トイレから出ると、きよすけを見つめる目と合った。

何か言いたげな雰囲気。

きよすけ 「何?」

舎弟K 「自分の得意先の注文は自分で商品を梱包しろ!」

きよすけ 「はあ?」

舎弟K 「要は手伝えって言ってるの!」

きよすけ 「あ、はい、了解です。」

そこにおかちんが通り掛かった。

きよすけ 「おかちん、舎弟Kに自分の所の注文は自分で梱包しろと言われた、おかしいでしょ。」

おかちん 「いや、当然のことだ。お前がやれ!」

おかちん 「お前は社畜として社員さんの雑用をするのが仕事だろ。w」

・・・・こりゃ本当に役職が逆転してるわ。

ではまた、きよすけより

次世代の社畜②

連日、子供が残業してる。

このままだとマジで瀬川一族に洗脳され社畜にされる恐れが出てきた。

そしてご子息様がきよすけ子供と同じ部署で働くと言い出した。

いよいよヤバい。

きよすけ 「ご子息様、うちの子供と働くのは良いのですが、彼はバイトなんで調教の必要もないですし、仕事が落ち着いたら辞めますので普通に接してくださいね。」

ご子息 「wwww」

・・・・就業後

きよすけ 「ご子息様、まさか社畜として調教してないでしょうね!!」

ご子息様 「ああ、きよすけ子供は問題ないです、僕が調教しなくても、もうすでに調教済みでしたw きよすけさんと同じく彼は完全な社畜として活躍できますw」

きよすけ 「うそでしょ、調教いらないの?w」

ご子息様 「きよすけさんと同じく超どMなんで、仕事を覚えればすぐにでも瀬川食品の社畜として働けますよw」

ああああああ、父親から受け継いだ遺伝子、それと普段から社畜としての姿を見せているから自然に社畜とはどういうものかを知っていたのか・・・・

もう瀬川食品なんて知らん、社畜根性を出して子供を助っ人で呼んだ俺がアホすぎた、子供の将来をダメにしてしまう・・・早く辞めさせなければ取り返しのつかない状態になる可能性が出てきた。

ではまた、きよすけより

半面教師

きよすけの通院の日は子供の送り迎えができない。

きよすけ 「あのさあ、〇日はお父さん会社休んで病院に行くから、送り迎えができないのよ、お前もバイト休む?」

きよすけ子供 「お父さん、その日だけ休んだらいっしょに働いている社員さんに迷惑を掛けるよ、だからバイト行きたい。」

仕方ないので舎弟Kに子供の送り迎えをお願いした。

きよすけ 「舎弟K、ごめん、俺通院で休むから〇日に子供の送り迎えしてくれる?」

舎弟K 「別にいいですけど。」

きよすけ 「社員さんに迷惑を掛けるから、バイト休みたくないって言うのよw」

舎弟K 「はあ? 全然きよすけさんと違うじゃないですか、そんなに気を使える子供なんですか?w 全く父親と違いますねw」

おかちん 「舎弟K、これはなあ、父親の悪い所を見て反面教師にしているんだよ。きよすけに子供の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいわあw」

言いたい放題である。

確かに、子供は良い性格に育った。すべては俺の教育の賜物と言いたい。

ではまた、きよすけより

次世代の社畜

先日、急遽きよすけの子供をバイトで工場に入れる記事を書いた。

もちろん、子供に話す前に社長に相談。

きよすけ 「社長、今忙しくなったので短期間バイトを入れようと思うんですけどいいですか?」

社長 「誰を入れるの?」

きよすけ 「うちの子供ですw」

社長 「お、いいね。社会勉強になっていいんじゃないw 次世代の社畜候補としての素質も見れるしw」

きよすけ 「いえ、急場しのぎの対応ですし、ただのバイトです。将来の社員にさせるつもりはありません。」

社長 「まあまあ、とりあえずバイトさせてから考えようよw」

・・・・・

ではまた、きよすけより

道南・三陸入札

今週はスルーします。

きよすけは応札しないと言うこと。

社長が応札するか知らないけれど、もし落札があった場合は彼の札ですw

もうね、価格が高すぎて楽しめないのよね。

今後は入札表を見てほしい物があった場合のみ応札しようかなと思います。

特に三陸は心が萎えたw 別の産地の原料を調達した方がストレスないわw

秋冬商品の案内中だからすぐに切り替えができないけど、年が明けたら原料と規格を検討します。

ではまた、きよすけより