きよすけ戦記⑧

きよすけのことで社長からねーさんに時々相談があるとのこと。

社長 「ねーさん、ちょっとやばいよ、きよすけがまた鬱病になりかけている気がする。」

ねーさん 「ああ、あいつは年中鬱病だからあまり心配しなくて良いと思いますよ。」

社長 「でも社長としては心配なんだよね、会社に来なくなったら困るでしょ。」

ねーさん 「あいつの鬱病を治すことできますよ、社長がきよすけに説教をしなければすぐにでも治りますw」

社長 「うーん、それは無理だなw彼にガンガン説教して会社を運営しないといけないから。」

ねーさん 「じゃあ、諦めるしかないですね。」

こんな会話をするらしい。

それで心配したねーさんがきよすけを呼んだ。

ねーさん 「ねえ、社長がすごい心配してるけど、きよすけは今、病んでるの?w」

きよすけ 「はあ、特別今と言う訳ではないです、年中病んでると思いますけど。w」

ねーさん 「だよねw お前年中病んでるよねw でも社長が心配しているよ。」

きよすけ 「そうですか、社長が心配してくれるってありがたいことですよね、社畜として精進しないと。」

ねーさん 「でもどう考えてもきよすけの精神的な波があるのは仕事のせいでしょ、負担が大きすぎる。」

きよすけ 「・・・じゃあ、負担を分担しましょう、ねーさんも頻繁に社長室を訪問してください。」

ねーさん 「バカか? なんでこれ以上仕事量を増やさなければいけないんだよ、今以上に社長から指示をガンガン出されたら、こっちが病気になるわw」

きよすけ 「俺の負担が軽くなると思って、ちょっとだけ辛抱してもらえませんか? 社長からの指示を分担してがんばりましょう!」

ねーさん 「嫌だ! 仕事が増えるの嫌だから現状維持で! きよすけ年中病んでろ!w あ、それと私から命令だ、お前、これからも社長のサンドバックになってろ!

・・・これかも社長の攻撃をサンドバックになって受け止めろって・・・

きよすけ 「・・・遠慮したいですけど。」

ねーさん 「真面目な話をすると社長が相談できるのはきよすけしかいないじゃん、うちらじゃ役不足だよ。と言う事でチキンな心をもっと鍛えろ! 打たれてもビクともしないサンドバックになって私たちに被害がないようにがんばれ!」

ねーさんは全然俺のこと心配してねーじゃん!

それときよすけ、鬱病ではありません、年中病んではいますけど。

社長がきよすけのこと心配していること知ってますし、体調を見ながら指示を出しているのも知っています。

40過ぎたおっさんが言うもの変ですがもう少し頑張らないといかんな、社長の負担を減らすのが社畜の役目なのに。

ではまた、きよすけより

 

おバカな仲間

人生をやり直したいと言う社員が多いw

人生をやり直して絶対瀬川食品以外の会社に就職したいらしい。

きよすけ 「お前らバカかw 人生やり直せる訳ねーだろ!w」

舎弟K 「ドラえもんにお願いするから大丈夫w学生時代に戻してもらって必死に勉強して他の会社に就職する!」

おかちん 「俺は神龍にお願いしてみる! 〇〇(会社名)に入社したいって! 早速ドラゴンボールを集めに行くわ!」

・・・・ほんとバカに付ける薬はない。いい年したおっさんがドラえもんとか神龍って・・・

おかちん 「きよすけも人生やり直したいだろ? いっしょにドラゴンボールを探そう!」

きよすけ 「お、お前ら、妄想の世界に逃避したいのは理解できるが・・・ここまで来ると頭がいかれているとしか・・・どうせお前ら何回やり直しても結局瀬川に入社する人生だと思うわw」

舎弟K 「そんなこと言うな! 絶対人生やり直したら明るい未来が待ってるはず!」

もう、こいつらには何を言っても駄目だ、現実から逃避することしか考えてないw

これから就職活動をする皆さん、こんな社員が待っている瀬川食品はどうだろうか?

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記⑦

先日の営業会議、おかちんのせいできよすけは散々でした。

もちろん、社長の追及は止まりません。

社長室にて。

社長 「きよすけ! 売上が悪いぞ! 早く遠方の得意先を周って売上稼いでこいや!」

きよすけ 「じゃあ、来月訪問しますので飛行機の予約お願いします。」

社長 「何言っとるんじゃあボケ! 今月から活動しろや!」

きよすけ 「いやあ、ケチな社長だから早割で経費を浮した方が喜ぶかなと思ってw 来月の予約なら早割できるでしょw」

社長 「・・・そんな問題じゃねーんだよ! さっさと行ってこい!」

と言う訳で遠方に出張します。

でもね、急に予約取ったから飛行機の座席が・・・3列シートの真ん中しか空いてないって言う悲劇・・・

きよすけ 「あの~社長、座席が真ん中しか空いてないっす・・・俺、デブだからこれは辛いっすよ・・・とほほ」

社長 「え~マジ? 超うける~!!!w」

ほんとどんなことでも社畜をからかうことを止めないなあw

ではまた、きよすけより

備考 以前も書きましたけど、社畜が交通機関の予約をすることは禁止されています、ご主人様の特権らしいです。始発便・最終便で予約して目一杯仕事させたいらしい。監視が厳しくないですか?w

ご主人様が予約→確認のメールがきよすけに届く→確認すると真ん中の座席→ご主人様に報告→ご主人様爆笑

きよすけ戦記⑥

戦記④で風邪を引いた話を書いたが、数日後完治しました。(インフルではなかった)

でもでもでも! 社畜が風邪を引くと後々まで・・・と言う話をします。

完治後、出勤して業者と商談していると会議室の扉から顔を覗かせる悪魔がいる。

悪魔 「きよすけ~、お前のせいで風邪引いた…うつすなや。」

きよすけ 「え? うつしてないですよ。」

悪魔 「いや、この風邪はきよすけ菌が原因じゃあ」

きよすけ 「・・・」

悪魔 「お前の菌は強力じゃのう」

きよすけ 「一言言っていいですか? 俺、風邪引いてからは、あなたに接触していません! 社長室にも入室していませんし! あなたの風邪はご自分で感染したものです!」

悪魔 「えー、きよすけのせいでいいじゃん、うちの奥さんもきよすけが風邪引いたの知ってるし、言い訳としては完璧だと思う。」

たぶん、奥さんはこのブログを見たからきよすけが風邪を引いたのを知っている。

でもきよすけ菌のせいにされては困る!

きよすけ 「いい加減せいよゴラァ! 先週の新年会の後、一人で夜の街を徘徊したのは誰じゃあ?ええ? 徘徊せずにあのまま帰っていたら風邪なんか引かなかったとは思わんのか!ゴラァ!」

(きよすけは新年会の後、21時の最終便のバスで帰宅しました!)

悪魔 「いや~ あの徘徊は必要なことで・・・風邪とは関係ないし・・・」

きよすけ 「・・・・」

悪魔 「とりあえず、辛いから早退します。 あ、それとこの風邪、きよすけ菌のせいと奥さんには言い訳する!じゃあね!」

言いたいことだけ言って帰っていった・・・なんなんだあの悪魔は・・・

一人取り残されていた業者の人が。

業者 「なんなんですか今の会話w」

まあ、そうだよね、経営者と社員の会話じゃないよねw

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記⑤

悪夢の営業会議が始まった。

俺、成績悪いのに議事進行役…とほほ

本日、社長様のご機嫌は超悪いから言葉の端々が嫌味たっぷりのオマケ付きの会話

今回社長のターゲットはおかちんみたい、超ラッキー!! 俺は完全に無視されいい感じ、だからこのまま無事会議終了を目論む計画。

あ、社長がどんな嫌味を言うかと言うと

社長 「こっそりと安売りするおかちん!」とか色々名前を言う前に一言入れる感じw

もちろん、おかちんは焦るよねw

おかちん 「いやいや、今日の社長は言葉がきついっす! 俺、安売りしてないっすよ、たかっしーの方が安売りしてます。」

とか色々な言い訳をして社長の追及を避ける・・・けど他の営業の悪事をバラすから周りの営業はたまったもんじゃないw

まあ俺に被害ないからいいけどね!

でも順調に見えた会議もおかちんのせいで台無しに…

おかちん 「社長! きよすけの今年の目標を聞きたいです!」

アホかこいつ。わざわざ俺を指名してw

散々年始から社長室で説教及び活動内容を報告してるって!

きよすけ 「あのー、散々社長室で社長と話し合っているのでここでの発表は控えます、会議の時間配分もありますし・・・」

おかちん 「いやだ! 俺たちは聞いてない! みんな聞きたいよな?」

と強引に発表する場を設けようとする・・・

それを聞いた社長が一言。

社長 「じゃあ、きよすけ発表しようか。」

・・・・これ以上、恥を晒すのは勘弁してほしい・・・

折角、今回は無事終わると思ったのに・・・

ま、当たり前だが発表すると社長のありがたい説教がおまけに付く始末。

俺、社長室でも会議室でも・・・何回怒られればいいんだろ?w

ではまた、きよすけより