来場許可証(商談許可証)

生意気に聞こえると思うが最近、新規の業者様との商談が辛くなってきた。

なぜなら現状の仕入業者様に満足しているし、余程何か琴線に触れないと新しく取引をするつもりがないから。

年々きよすけの仕事量が増えてきているので時間の短縮の為、特定の業者様だけと商談したい。

何か良い案がないか考えた。

そうだ商談許可証を発行しよう!

許可証を持っている人はアポなしでもOK、持ってない人は事前にアポを取って商談させて頂く。

なかなか良い案だ、許可証を持っている人は常時商談が必要な人、それ以外はアポ取って頂き、きよすけの空いた時間に商談。

うん、いいね。

さて、商談許可証はきよすけと商談するのにふさわしい物にする。

どんなものかと言うと「社畜20周年の記念品」!

この記念品、常時持ち歩くことができるし営業マンにとって必需品。

早速、仕入業者Y氏にプレゼント!

きよすけ 「社畜20周年を祝う為に記念品を自分で作成した。あげる!」

Y氏 「え!感激です。レアで高級な物でしょ!」

きよすけ 「うん、超レア物、これがあれば無条件でいつでも商談するからね。君との友好の証だよ。」

Y氏 「了解です、アポなしは助かります。それは良いとして記念品を持っているのは私で何人目ですか?」

きよすけ 「6人目だな、貴重な記念品だぞw あ、言うの忘れてた、瀬川に来る時はその記念品を受付で提示してね、無条件で商談室に入場できるようにしとくから。」

Y氏 「おお、いいですね、受付で提示するだけで良いなんてw」

この会話の数日後、おかちんときよすけが打ち合わせをしていると無条件でY氏が入室してきた。

きよすけ 「お、突然来るなんて記念品を有効活用しているなw 早速商談しようかw」

Y氏 「はい、商談しましょう!w」

おかちん 「ちょっと待て! 記念品を見せてみろ!本当に持っているのか?」

Y氏 「あ、今日は持ってません・・・会社に忘れてきました・・・・」

おかちん 「か・え・れ・!

Y氏 「えええええ? そんな・・・・」

おかちん 「お前、上級社畜のきよすけを馬鹿にしているだろ! わざわざ自分で記念品を作ってプレゼントしたんだぞ! それをお前は・・・(怒)」

Y氏 「すみません・・・・」

おかちん 「商談許可証を持ってないやつはアポを取ってこいや! 出直してこい!」

Y氏よ、お得意様からのプレゼント・・・・それも超貴重なレア物(ロゴ入り)なんだから肌身離さず持ってなさいw

さて皆さま、記念品がほしい方います? 商談許可証にもなりますよ? 限定品なのでほしい方はきよすけまで知らせてね!

ではまた、きよすけより

備考 今回はフィクションとなっています、記念品はありませんのであしからず。まあ、ほしい人いる訳ないかw

女帝の舞台

5月26日に西区民文化センターで広島市の保健所が主催するHACCP導入講習会が開催された。

講師は「ねーさん」だw

数百人の前で講演する超恐怖のイベント・・・俺だったらおしっこちびるわw

もちろん、社長とマルイチ食品のM部長といっしょに晴れの舞台を見学にいきました。

KIMG0006

(前列から記念写真w 左は瀬川社長)

この写真を撮った後、ねーさんのぶっちゃけトークが炸裂・・・・

あまりにも禁断の言葉を連発するので社長はイスから滑り落ち腰砕け状態w

それでも気力を振り絞り必死に手でXマークをしながら指示を出していたが壇上のねーさんは社長を無視・・・w

ここはねーさんの晴れの舞台なのである、何人たりとも止めることはできない。

ねーさんは大勢の観客から視線を浴びることに喜びを感じる女帝なのだ、社長の指示なんかで会話を中断する訳がない。

さらに会話はヒートアップし強烈な言葉を発して悦に浸るねーさんであった。

そして拍手の中、講演は終わりその後、社長の周りにお客さんが・・・(ニヤニヤ顔)

お客さん 「ねーさんって凄いですね~」(どんな意味で凄いのだ?w)

まあいいけど。

夕方になったので居酒屋に移動し打ち上げ会。

悪童最強コンビの「ねーさん」と「M部長」がいる打ち上げ会・・・

それは生命が危険になるほどの過酷な飲み会・・・

別の言い方をすれば延々とアルコール摂取が続く地獄のような世界・・・

さらに言うと悪童2人だけでなく呑み助社長もいる飲み会・・・

焼酎のボトルなんて数分で空になる想像を絶する過酷な環境・・・・

飲み続けて気づけば終電の時間・・・・どう考えても飲みすぎです・・・明日の仕事ことなんか考えてねーだろw

ではまた、きよすけより

備考  もっと詳細(禁断の言葉や打ち上げの会話)を書きたいが、ねーさんから鉄拳制裁確実なので割愛した文章になってしまった、ごめん。

 

あるはずのない隙間

今日は体が痛い・・・その理由を思い出してみる。

昨日は気分転換をする為、家でアルコールを摂取していた。

3合ほど飲んだ所で滅多に来客者が来ないきよすけルームに母親が登場。

なんと差し入れだったw あじのみりん干しw

食べてみたらこれめっちゃうまいのよ、だからアルコールも増々摂取w

気づけば地球が回っている状態に・・・w

でも大丈夫、きよすけルームはベットも完備してる、しかもベットの周りはすべて壁・本棚・テープルで囲みベットから落ちない工夫がしてあるのだ。本棚もテーブルも100kg近くある重量にしているからズレない。

そんなベットで就寝しているきよすけにアクシデント。

一瞬宙に浮いた後にドンと大きな音を立ててベットから落ちた。

みなさんみたいに華奢な体格ではない、100kgの体が落ちるのだ、むちゃ痛い。

でも考えてみてほしい、落ちる空間なんてないのだ、四方を囲んでいるのに落ちるのか?

答えは、テーブルに寄りかかって寝て少しづつ重いテープルをずらし、ちょっとだけ空間を作ったのだ、その隙間に体が落ちた・・・・

落ちたのは良いがまったく身動きができないw (テーブルとベットに巨漢がプレスされてる状態)

隙間が狭すぎるし、テーブルもベットも動かないからね、酒に酔っている状態だし・・・

更に最悪なのがここは隔離部屋・・・深夜だし家族に助けを呼んでも誰もこないw

仕方ないので体が挟まったままで寝たわ。

これが今日体が痛い理由。

みなさん、就寝中に何があるか判りませんので家族と寝ましょう!

ではまた、きよすけより

通勤・通学で慣らし・・・将来は?w

毎朝、子供を学校に送る為、いっしょに通勤通学をするようになった。

まあ学校が会社に近いのでw

でもワザと毎朝早く出かけるのだ、どうしてか?

それはね、学校にいくには早い為少しの時間を会社で待機することになるのだ。

だから事務所にいっしょに入り、きよすけの隣の席に子供を座らせるw

まずは会社に慣れてもらわないとねw

因みに私の席の隣は空席だw

これから少しづつだが、その空席は将来お前が座る為に空けてあると話をしようw

2人で座っていると事務所には続々とみんなが出社してくる。

おかちん 「おお、おはよう」

子供 「おはようございます」

おーじい 「おはよう」

子供 「おはようございます」

そして極め付けは

社長 「ふふふ、おはようw」

子供 「・・・おはようございます」

こんな挨拶を繰り返すと自分も社員になった気分になるのではないか?w

マインドコントロールするのだ・・・そして私の後を継いで社畜になれ・・・

ではまた、きよすけより

 

ご冥福をお祈りします。

5月初旬に一人の男性が亡くなった。

名前を出して良いか判らないので男性と呼びます。

この男性は本来ならきよすけが接することができない目上の方なのだが瀬川ブログの熱狂的なファンで親しくさせてもらうこができた。

訃報を聞いた日は何も手につかなったよ。

男性との思い出を語ると尽きることがない。

昆布協会の総会で一人ぼっちになったきよすけの話し相手になって頂いた。

ブログネタがボツになった時も励ましのメールを頂いた。

男性 「きよすけ、最近また太ってきてないか?w」と言う言葉が最後に交わした会話。

本日お別れの会が催されたのでブログを再開しようと思う。

これからも天国からブログを見てほしい、昆布や瀬川の出来事を書いていくからね。

心よりご冥福をお祈り致します。

ではまた、きよすけより

それぞれの休日の過ごし方②

ある日の休日のお話し。

ふと時計を見ると18時過ぎだ、会社の門を閉めた。

車に乗って帰宅途中に近所の昆布屋さんの前を通り掛かると会社の門を閉めるヘルメットを被った人の姿が・・・

ん?おかしい、この昆布屋さん今日は休日のはずだ・・・この会社にも社畜がいるのか? いやいや、たまたま会社に来たのかもしれない・・・・誰だろう?

昆布屋さんの前に車を停めて誰なのかを確認・・・・あ、アニキだ!!

きよすけ 「アニキ!!」

アニキ 「きよすけ!」

と門前で叫びあうw (本当にアニキ!きよすけ!と呼び合いました・・・)

注意事項 このアニキと言う人物は強烈なカリスマ性を持っており、普段でもみんなから名前を呼ばれずにアニキと呼ばれていますw

お互いに呼び合ったのち、阿吽の呼吸で目での会話を開始。

きよすけ(お疲れさまっす、お互い休日に会社って・・・)

アニキ(きよすけ、それ以上もう言うな、今日の仕事は終わったんだ・・・何も言わず家族も元に帰ろう)

きよすけ(はい、もう帰りましょう、お疲れ様でした。)

果たしてアニキはたまたま会社にいただけなのか? それともきよすけと同じ身分なのか?w

聞く勇気がなかったよ、きよすけと同じ社畜だよって言われたらアニキのイメージが崩れそうでw

まあ、この昆布屋さんは素敵な紳士が集まる会社だから、社畜みたいな人はいないはずなんだけど、万が一を考えて聞けなかったわ。

ではまた、きよすけより。

初の面会者

前回、独房と書いた。

この独房に監禁中は平日休日関係なくきよすけに面会を求める人は少ない。

あの社長でさえ独房に近づかないw

監禁中は仕入れ業者との商談もしないし、完全に一人なのだ。

つまり、そこまでしなければ集計が終わらないってことw

でも休日に初めて面会者が現れました!

それはゴールデンウィーク初日、終日雨。

事務所は真っ暗で明かりがついているのは説教部屋と独房のみ・・・

Yさん 「きよすけさん、いますか~?」

きよすけ 「おお、Yさん、どうしたの?休日に瀬川に来るなんてw」

仕入業者Yさんが突然現れました。

Yさん 「きよすけさんは社畜だからGWも会社で仕事しているだろうと思って差し入れを持ってきました~。」

おお、なんてやさしいYさんなんだ、うちの社員ですら気にしない社畜の存在を気にしてくれたなんて!

きよすけ 「・・・・ありがとう・・・・グスン」(涙が止まらない・・・)

Yさん 「じゃあ、家族を待たせているので帰りますね、がんばってください!!」

きよすけ 「お、おう。」

今年のGWは気持ちの良い初日を迎えることができた、本当にありがとう。

ではまた、きよすけより

今期も宜しくお願いします。

無事、決算を終えることができました。

これも皆さまのおかげです、本当にありがとうございました。

今期も微力な瀬川食品をお助け頂きますよう、お願い致します。

さて、毎年のことですが決算終了するときよすけの逃亡部屋が独房に変わります。

決算の集計をする為、平日も休日も独房から出れないと言う意味です。

この作業は数年前は数名の社員がやっていました。

しかし、通常業務の合間にしなければいけない為、残業をする羽目になり、さらに時間が凄く掛かっていました。

残業代がかかること、時間が無茶苦茶掛かること、すべてがご主人様は嫌なのです。

ご主人様がご不快の時は社畜の出番です。

きよすけ 「私がやります! 社畜なら賃金が発生しませんし、今までの半分の期間でやります。」

ご主人様 「お前本当にあの膨大な作業を一人でやれるの?」

きよすけ 「任せてください。」

ご主人様 「じゃあ、やれ!」

と言うことで数年前からきよすけ一人で作業するようになったのです。

しかしね、この集計作業は半端なく時間が掛かるw 今までの半分の期間でやらないといけないから1日12時間以上作業しなければ無理だし、休日も休んでいられないw

流石にこれはしんどいと感じ、昨年から舎弟Kをサポートに付けたw

今年も一定期間で作業を終了させる為、がんばります。

ではまた、きよすけより。

 

素晴らしい素質

5月3日の朝、子供が部活に行くと言うので連れていくことにした。

どうせ出勤するし。

その車中での会話。(実話です)

子供 「お父さん、御昼のごはん買うから途中でコンビニに寄ってね。」

きよすけ 「はあ? 買わんでよろしい。 会社に行けば社長がいるからおごってもらうわ。 ご主人様が社畜にエサを与えるのは当然だからな、ついでに2人分の弁当を買ってもらおう。」

子供 「・・・それ、やばいと思う、危険すぎるよ、お父さん」

きよすけ 「社畜だからいいのよ、気にしない気にしない」

子供 「まだお父さんは社長さんのこと判ってないみたいだね。」

きよすけ 「何!(怒)」

子供 「お父さんは社畜だからおごってもらえるけど、俺はまだ社畜じゃないから、きっと見返りを求められると思う。」

きよすけ 「見返り?」

子供 「うん、500円のコンビニ弁当を買ってやるから、学校を卒業したら瀬川に入社するんだぞって確約を取られると思う。それは絶対に嫌だからね。」

数年ぶりに大爆笑したわw

我が子供ながらスゲー優秀じゃん、あの社長の心を読めるなんて・・・しかもまだ十代だぞw

子供よ、その素質は大切にしなさい、社畜として生きる為には絶対必要なものだ。

もちろん、子供の意見を採用し途中でコンビニに寄りましたよw

ではまた、きよすけより

備考 、久しぶりに親子で楽しい会話をしましたよ。 そして、こいつは俺の血を引き継いでると思ったわ。

場所を考えないと

社員のみんなと会議室に籠っていると社長がやってきて、

社長 「きよすけ、この書類に目を通しておいてね、今度の休日に検討しよう。」

きよすけ 「ほーい、了解。 検討資料作りますね。」

と言ってすぐに出て行った。

でも社長が出て行ったら会議室にいるきよすけ以外のみんなは絶句・・・・

Aさん 「きよすけ、今の会話はなんだ? ありえない・・・」

Bさん 「うん、異常な会話だよな。」

と言いながら苦笑いをする。

きよすけ 「ん? 普通の会話だと思うけど。」

Aさん 「変だと思わないのか? 休日に検討すると言ったんだぞ?」

きよすけ 「うん、そうだよ、平日はお互い忙しいから休日にゆっくり検討しようって言う意味だよ。」

全員 「・・・・」

Aさん 「社員は休日に出勤しないし、社長も社長だが、きよすけも平然と返事してマジ異常だわ」

みんなにドン引きされてしまった。しまった、みんなの前で会話するんじゃなかった、これでは社畜になりたいと言う人もいなくなる可能性がある・・・会話する場所を考えないと。

いつもこのような会話は社長室でするから気づかなかったわ。

1つ訂正をさせて頂くと、今度の休日にきよすけが会社にいることを社長が判っていたので、どうせ会社にいるのだったら、俺も出勤するから検討しようと言っただけです。

この案件だけで会社にいる訳ではありません。^^

ではまた、きよすけより