絶対秘密にしたい。

きよすけがいつも社員や社長から逃避する為に会議室の籠ることは周知の通りである。

会議室の中でも座る場所・座る椅子を決めているが、そのいつも座る椅子が・・・・

座高調整ができるものではなくて普通の四脚椅子。

そのフレーム部分に亀裂が入った・・・いつの間にかだけど・・・俺のせいなのか?・・・老朽化のせいなのか?・・・

そしてそっと隣の椅子と交換した・・・・でもその椅子も亀裂が入った・・・いつの間にかだけど・・・

やばい・・・2脚も椅子に亀裂が入った・・・このままでは会議室全部の椅子に亀裂が入ってしまう・・・

どこかの時点で、老朽化・汚れを理由に交換しよう・・・・誰にも知れずに・・・

老朽化が理由と思いたい、きよすけの体重で壊れたと思いたくない・・・

そんなにきよすけは重いのか? いや違う、みんなより少しだけ重いだけ、少しだけ・・・少しだけ・・・

ではまた、きよすけより

 

瀬川一族最大の損失

私は子供を社畜にするべく、小さいころより教育してきた。

そう親子2代で瀬川一族の丁稚になることを夢みて。

素質は申し分ない、きよすけのドM性を100%引き継いでいるから。

今から働くと50年ほど社畜業が出来ることになる。

瀬川一族にとって喉から手が出るほどほしい存在になるのは間違いない。

しかし、ある学校の合格通知が自宅に届いてしまった。

子供 「お父さん、瀬川食品に入社させることを諦めてください、俺、学生生活を続けます。」

きよすけ 「いいのかそれで? 大変名誉ある社畜になれなくなるかもしれんぞ。」

子供 「社畜になるには僕は若すぎます、もう少し勉強したあとでも良いのではないでしょうか。」

きよすけ 「そうか、進学を選ぶか。」

会社にて

きよすけ 「社長、申し訳ない、子供が進学を選ぶようです。貴重な社畜候補を入社させることができなくなりました。」

社長 「え? 嘘でしょ、今なら50年間社畜業ができるのに?w」

きよすけ 「もっと瀬川一族にお仕えできる幸せを子供に伝えるべきだったと反省してます。すみません。」

社長 「入試に合格したのだから、きよすけおめでとう、よかったな・・・・でいいんだよね?w」

きよすけ 「いいんですかね?w」

ではまた、きよすけより

迫りくる恐怖

皆さんは日々の生活の中で死を予感するほどの恐怖を味わったことがありますか?

チキンハートを持つきよすけは結構あります。

その日は寒い深夜の出来事でした。

ミノムシのように包まって寝ているきよすけの布団が突然動き出した。

現実なのか夢なのか判断できずにいる状況の中、何か物体がきよすけの体を触りだす・・・

この物体は体温が奪われる程とてつもなく冷たい・・・しばらくするとその物体が手だと認識できるようになったが人間の体温を感じない・・・山奥に住んでいるのでイエティー?雪女?と思ったし、幽霊の手かとも思った。

そして恐怖に震える体をなんとか動かし寝返りして回避を図るも凍った手は離れようとしない・・・しかもそうこうしているうちにきよすけの手を見つけ握ってきた、や、やばい強力な握力で離すことができない。

その状態のまま5分が経過した・・・徐々に体温を奪われ布団の中にいるのに体が寒い。

さらに5分が経過・・・悪寒が走りだした、凍死するかもしれんし、寒くておしっこ漏れそうになってきた。

もう死ぬかもしれんと思った矢先、きよすけの後頭部から声が聞こえてきた。

「私を愛しているのなら、もっと稼いでこい!ハゲ!」

ん?ん? もっと稼いでこい、ハゲ?

振り向くと嫁が爆睡してるではないか!

・・・・と言う事は今のは寝言?

・・・・と言う事はこの手は嫁の手?

マジでありえん、あんなはっきりした寝言ってあるのか?

マジでありえん、こんなに体温を奪われるほど冷たい手があるのか?

急に嫁に対して殺意が芽生えた。

なんだったんだあの恐怖の時間は。

思わず嫁の体に蹴りを入れそうになったが倍返しされるのが判っているので、そーっと嫁を起こさないよう、漏れそうになった股間を押さえつつトイレに行くきよすけであった。

翌朝、怒り心頭のきよすけは嫁に言ってやった。

①手を握って体温を奪うな! 凍えそうになった!

②寝言で、もっと稼いでこいハゲと言っていたぞ、愛情と言うものはないのか?

これに対し嫁はの回答

①嫁 「あんた、良かったねー、嫁に手を握ってもらえるなんて幸せもんじゃ!」

いやいや、全然幸せじゃねーよ、寒いだけじゃ。

②嫁 「夢でも亭主のことを思っている証拠じゃん、愛情を感じる瞬間に立ち会えて良かったねー」

・・・・「もっと稼いでこいハゲ」と言われて嫁の愛情を感じる亭主がいる訳ねーじゃん。

なんか朝から殺伐とした気分になった。

ではまた、きよすけより

エースの由鬱

最近、うちのエースが嘆いている。

何をやっても結果が出ないし気力も沸かないそうだ。

まあ、365日好調を維持する人間なんていないから大丈夫と励ましているけど、バイオリズム低下中みたい。

彼の場合、年末を境にバイオリズムが低下し、桜が咲き始めた頃、上昇し始め秋冬でピークを迎えるパターンを毎年繰り返すから心配してないw

でも彼はいいよね、リズムの上昇と下降があるから、きよすけなんて年中低下しているから上昇もなければピークもないw 常にどん底なんだ。

さ

少し画質が悪いけどこんな感じw

見よ! この低空飛行している、きよすけの気力を!!

ではまた、きよすけより

世界が変わるよ

皆さんはパソコンの備品にお金をかけていますか?

マウス・キーボード・ヘッドホンなどなど。

弊社では常に最安値の備品を使用しているので何も感じることはないが、超高級と呼ばれる備品は世界が変わると思うぐらい性能が違うのだ。

毎年のようにPCを買う、きよすけであったが今まで備品については適当に購入していた。

でもyoutubeなどで「ゲーミングなんちゃら」と呼ばれる備品は体感できるぐらい性能が違うと言っていたので個人用に買ってみた。

まずは「ゲーミングマウス」。

通常のマウスって2千円前後の物が多いが、ゲーミングマウスは高い物で1万以上する高級品、きよすけが購入したのはそこまで高くないが通常のマウスが2・3個買える価格帯の物。

本当に体感できるぐらい性能がいい! 反応速度が違うぞw

まあ、普通にPCを使用する分にはこのレベルの性能は必要ないがゲームを堪能するきよすけにとって、マウスのレスポンスが良いのはとても嬉しい。

次に購入したのが「ゲーミングヘッドセット」

ヘッドセットとはヘッドホンとマイクがセットになったもの。

通常ヘッドセットはお店で千円~2千円で販売している、逆に言えばこれ以上の価格帯のヘッドセットはお店に置いてないことが多い。

で、ゲーミングヘッドセットと呼ばれる物は諭吉が数枚必要なほど高いw 庶民で購入するには勇気がいるぐらい高い価格帯なのだ。

きよすけが購入したのは7.1chサラウンドの超高級品、諭吉が2枚は飛んでいくレベルの価格帯のもの。

そしてこちらの商品もマウスと同じく世界が変わると感じるぐらい性能が違う、やっぱり高いだけあるわ、音響がすごいもん、違いが体感できる。

皆さんには必要がないかもしれないが、性能の違いを体感できると言う事をお知らせしたかったのだ。

ではまた、きよすけより

備考、昨日、自宅で使用しているPCモニターがご臨終になりました。このモニターは30インチを超える代物でして通常のお店では販売されてなかったレアものでした。はあ、またネットで購入しなきゃ。ちょっと検索してみてちょ、PC専用モニターで30インチを超える商品・・・めっちゃ高いからw ヘソクリじゃ買えん、どうしようかな。

10日程・・・

1月最後の10日間ぐらいを少し整理して思い出してみる。

たしか22日は新年会だった。 ああ、俺が幹事だったわ、しかもここ数年間で最大の人数だった。 いつも社長とねーさんに挟まれて座るポジションしかない俺・・・偶には他の席も座らせてほしい。

そんでもって25日はドカ雪で会社をお休みw 久しぶりに雪掻きしたよ。

26日からは会社に出勤したけど・・・多分インフルになった・・・

朝から寒気が止まらんし、関節が痛い、頭もボーっとする、みんなからインフルじゃねーの?と言われて必死で否定・・・・・ごめん。

帰宅してすぐに布団に入るも39度の熱・・・もうやばい意識がはっきりしないw

高熱のまま27日は出張準備があるので普通に出勤したが事務所にいたらやばいので会議室で1日を過ごす。 相変わらず38.5度の熱でボーっとするけど。

そして28日から月末まで出張。 こんな状況で出張ってありえんけど、レンタカーの予約・宿泊の予約・得意先のアポとすべて準備している状態でキャンセルすることができないのだ。

当然、お得意先は顔色の悪いきよすけを歓迎してくれる訳はないw 最小限の商談のみで淡々と仕事を済ませ、ホテルで休息。

こんな状態の10日間だった。

体調も戻ったし、ちゃんと仕事しよう・・・

ではまた、きよすけより