お礼申し上げます。

心温まる見積書を頂きありがとうございます。

まさか見積を頂けるとは思いませんでした。

社長と狂喜乱舞したほどですw

社長 「きよすけ! キター!!!! ○○さんから見積書が来たぞ!!」

きよすけ 「おおおおおおおおおお」(思わず社長室で雄叫びをあげてしまった)

そして社長ときよすけは涙を浮かべながら

きよすけ 「世の中には瀬川を思ってくれてる人がいるってことですよね、嬉しいです。」

社長 「そうだな、瀬川は見捨てられたと思っていたが、慈悲の心を持った人もいたんだな、ほんとに助かるわ。」

きよすけ 「こんど何かお礼をしましょうね。」

社長 「わかってるよ、こんなに心温まる見積書を頂いたんだ。」

詳細は書けませんが、見積書をくれた方、本当にありがとうございます。

今回のことで痛切に思いましたがお付き合いは大事だな、本当に困った時に助けてくれるのが友だよ。(会社対会社なので友ではおかしいと思いますが、こんな心境です)

ではまた、きよすけより

ご心配をお掛けしてます

続々と弊社社長宛に「きよすけは大丈夫か?、死ぬのか?」とお電話頂いております。

皆様、ご心配をお掛けして申し訳ございません。

特に東海地区の昆布屋(○○専務)さん、心配してくれてありがとうございます。

とりあえず会社に来てます。w

まだ、鬱にもなってません。

今日も社長がきよすけの元にやってきた。

社長 「お前、ブログに何を書いているんだ? きよすけ大丈夫か?って電話かかってくるw」

きよすけ 「社長はブログを見ないのですか?」

社長 「あー、全然見ないな、もうヤバイ記事は書かないだろ? 妄想記事ばっかりだと思うから放置してる」

きよすけ 「そうですか、最近体調が悪いって書いたのです」

社長 「そういえば、うちの奥さんも言ってな」

きよすけ 「まあ、昨年の症状より軽度ですから自分もあまり心配してないんです。年が明ければ体調も回復すると思いますしね、絶対、仕事量の多さとストレスが原因ですから!」

社長 「・・・・さて、社畜はほっといて仕事に戻ろう・・・」

と、こんな会話でもできるぐらいの精神状態です。

通院しながらでも、がんばりますよ!!

ではまた、きよすけより

備考 昆布業界ではなく別の業種(九州)の方なのですが、このブログを見て頂いてると聞きました、見てくれてありがとう。零細企業なので社長も社員も必至になってがんばっています。現在創業107年?なので120年・150年と続く会社を目指します。

帰れ!コール

最近、体調不良に悩まされている。

今日も朝から寒気と下痢が・・・・完全に免疫低下だな

そのまま会社に来たけど^^

何気なく事務所のみんなに「今日は寒気と下痢がひどい」と伝えた所、そりゃ風邪や!みんなに感染したらいけんので帰れ! と一人が言い出した。

一人が言い出したらみんなが帰れコールを合唱・・・なんで合唱するか!

今週は通院で休まないといけない為、これ以上は有給つかえんと言ってみるも、わしらに関係ねー、とくかく帰れ! お前は会社にいなくても問題ないが俺たちが休んだら大変なことになるとのこと。

露骨にきよすけは会社に必要ない人間って言うな、ちゃんと自認しているから。

おまけに「きよすけ、会社に居なければ困ると言っているんじゃない、自宅でゆっくり養生しろとみんなが言っているんだ、何が不満なんだ?」だと。

みんなに帰れと言われても少しだけだが仕事をしなければいけん。

事務所に居ることを許してもらえないから会議室に籠ることにした。

でもお昼のお弁当も強制的にキャンセルされそう・・・

うーん、咳も出てきた・・・本当に風邪なのか?w

ではまた、きよすけより

も、もうあかん、も、もう無理やねん。

なんでこんなに少ないねん、商売できんやろ。

北海道の知床周辺で採れる昆布のことや。

社長ときよすけがノイローゼになるぐらい様々なところに電話したけど全部ダメ。

まあ、これだけ少ないと自分とこの袋詰めもできんから、瀬川に分けてやろうと思う気持もないと思うけど。w

しゃーない、社長室で相談や。

社長 「きよすけ、気分が悪くて吐きそうや、電話しても回答ないぞ」

きよすけ 「でしょうね、俺も吐きそうです、こちらも反応ありません」

社長 「どうする?」

きよすけ 「うーん、もうこれ以上お願いしても無理と思います、俺もノイローゼになりそうですし、早めに白旗挙げましょう。」

社長 「そうだな。」

きよすけ 「即日休売でいきますわ、案内文書も私が代筆で作成します。」

社長 「そうか、頼むわw」

と言うことで瀬川食品は即日休売します。来年の新物までお休みや。

休売にしたら当然営業部や通販部から悲鳴があがるわな。 でもないもんはないねん。

ぜんぶ、年末の特売はキャンセルや。

営業より 「なんとかならんのん? キャンセルしろって言うの?」

きよすけ 「はい、キャンセルです、注文されても欠品するので迷惑をかけることになります。」

会長より 「昆布がないってどういうこと? お客さんには関係ないで!」

きよすけ 「ないものはないんです、代替品で対応お願いします。」

あのねー、きよすけに言われてもどうしようもないのよ、得意先の対応も大変なのに、身内からも言われてノイローゼになりそうやわ。

それにこんな余計な対応をしなければいけないからきよすけがハゲるんや、もっと仕事量を減らさないと2・3年で髪の毛が無くなるわ・・・・

ではまた、きよすけより