穏やかな日々

相変わらず売上は悲鳴を上げてしまいますが、社長もきよすけも穏やかな日々を過ごしています。^^

うーん、なんかいいねー こんな状況w

そういえば先日、うちの社長が有馬温泉に行ってきましたよ。

業界のみなさんならご存知ですよね、毎年恒例の行事です。

なんと昨年を更新した売上だとかw

この会社だけは元気ですよね~ 瀬川食品も少し買わせてもらいました、ありがとうございます。

と言っても売上トップ10にも入りませんでしたが・・・w

トップ10に入るには片手ぐらい買わないと無理なのかな? ようわからんがw

いつもあの行事から帰ってくると社長から豊富なネタが・・・まあ書く事はできんがねw

話は変わるがもうすぐ魔の3月がやってくる。 増税前の駆け込み需要があった3月!

もちろん瀬川も珍しく売上が好調な月でした・・・でも今年は・・・売上昨年対比・・・・

うーん考えただけで絶句しそうw

どれだけ下げ幅を抑えられるか? が問題ですね。

ではまた、きよすけより

3人目のモンスター(Y様のご要望に応じて書いてみたw)

以前に社長とねーさんのことをモンスターと書かせて頂いた。

モンスターとは・・・・普通の社員では手に負えない人のこと。

それほど異彩を放つ強烈な猛者なのだ。

しかーし、まだ居たんだな~これが。

上級社畜になってからは忙しい日々を送っているので仕入れ業者様にはアポを取って来社して頂くようにお願いしているのだが・・・・ここに3人目のモンスターがいました。

I氏 「きよすけさん、いますか~」

きよすけ 「・・・・何回同じこと言わすのですか! アポ取ってきてください。こちらにも都合がありますので!」

I氏 「それは普通の仕入業者の方がすることですので私は適合しません。」

きよすけ 「あなたも普通の仕入業者さんです!! 例外なんてありません。」

I氏 「どうしてそんな冷たい言葉がでますかね、人格を疑いたくなりますね~」

きよすけ 「別にあなたにどう思われても構いませんが、こちらの都合も考えてください。」

I氏 「私は瀬川食品専属の仕入業者ですので、いわば身内です! 身内の会社を訪問するのにアポなんておかしいでしょw 逆に礼儀正しくアポなんか取ったら他人行儀で瀬川食品さんに失礼です!ですからいつも気ままに訪問させて頂いているのですw こんちゃーっす、また身内の業者が来ましたよって感じです。 サザエさんに出てくる三河屋さんがアポを取って勝手口に現れますか? こんちゃー、三河屋でーすって訪問するでしょw 同じ同じw」

きよすけ 「何を勝手に身内って表現しているのですか! 瀬川食品はどの業者さんもみなさん同じ扱いです。依怙贔屓している業者さんはいません!」

I氏 「まあ、きよすけさんは立場上、そう言わざるをえないですなw でも隠さなくても私は判っていますよ、弊社は特別(身内的)な扱いだってw」

きよすけ 「自分勝手な解釈をしないでもらえますか? 全然話を理解してもらえませんね~ どう言えば理解してくれるかな~」

I氏 「もう考えないでください、この件に関して悩む必要はありません、私は全然気にしてないですからw」

きよすけ 「・・・・ただアポを取ってきてほしいと言ってるだけです・・・ 突然来られた時に仕事が立て込んでてI氏の対応できない場合に申し訳ないのです、片付くまで商談を待ってもらうことになりますから。」

I氏 「だ・か・ら・気にしないでください、きよすけさんと商談できるまで他の社員さんと親交を深めてますから大丈夫です、身内の特権で色々な部署の人達と話ができるしw 待っているる間も楽しいですよw しかも私、瀬川食品さん専属なんで時間なんて関係ないですしw 私が居ても好きなだけ仕事してもらって構いませんw 」

きよすけ 「終業時間まで仕事が終わらなかったらどうするのですか? そんなに待たせるのは失礼ですよね? 意図的に仕事を終わらせるのを遅らせてI氏のお帰りを願っていたらどうするのですか?w ここまで言えばアポを取ってきてくれますよね?

I氏 「だ・か・ら・気にしないでくださいw 就業時間が終わってしまえば逆にラッキーって感じなのです。 食事でもしながら商談しましょうって誘えますからw ここまで言えば判ってもらえますか?私にアポは必要ないってw

こ・この人、モンスターだわw きよすけから「モンスター3号」の称号を進呈します。

ではまた、きよすけより(いつもの妄想と思ってください、こんな業者様なんているはずありませんから)

勉強しなきゃ

勉強って学生時代にするものって思ってないですか? 全然ちがうのですよ。

個人的な意見ですが学生時代の勉強は結果として就職できる窓口を増やす為になります。もちろん知識及び精神を豊かにしますけど。

勉強できなくてそこそこの学校に入ってしまうと就職の募集にもそこそこの企業しか学校の掲示板に掲載されない。もちろん地域採用枠で一流企業もある可能性があるけど。

つまり学生時代の勉強度合いは自分の就職に影響する。(自分の偏見が入っていますのでご容赦を)

仕方ないことだがみんな今の自分を見つめ直すと学生時代にもっと勉強しとけば良かったと思うんだよね。きよすけなんかすごく思うよ、もっと勉強して就職できる選択肢を増やしたかったとね。

でも自分のせいだからどうしようもない。

きよすけの場合は就職活動しても内定もらえずイライラして、いつも内定がもらえないのは学歴が悪いせいにしてた。そんな状態の人間を拾ってくれた素敵な瀬川食品なのにきよすけは入社して荒れたねw

「ああ、こんなはずじゃなかった。なんなのこの会社は」とか思って数年間過ごしてしまった。

でも気づいたんだ、このまま不貞腐れても進歩がないって。

で周りを見回すと自分よりスペックの高い人ばかり・・・・この時きよすけは27・28歳ぐらいだったと思う。

どの会社に入っても自分自身を成長させないと評価してもらえない。

幸いなことに中小企業の瀬川食品は従業員が少なく経営者との接触が比較的楽にできる環境だった。

まず、経営者が何を考えているのだろうか? 自分のボジションで何ができるだろうか?を考え実行してみる・・・・はたして経営者の反応は?・・・・・おお、ちょっと反応してくれたぞw

などなど色々前向きに考えると勉強(知識を広める)することも苦にならなくなってくる。

そんな状態が6年ぐらい続いた所でようやく社畜に任命された。(社畜人生の始まりです)

社畜になれても勉強(知識を広めること)を辞めることができない。だって経営者から強烈な一言が飛んでくるからw

「はあ?お前はまだそのレベルしか考えることができなの?w もっと高いレベルの答えを出せよw」

「お前の回答にがっかりするw もっとよく考えて喋れよw」

まあこの言葉はきよすけ以外には言わないはずだけどw きよすけには容赦ないんだよねw

実際に上記のように言わないこともあるけど、目で訴えてくるんだよね社長はw

だからセミナーに参加したり、会議に参加したり、本を読んだり少しでもまともな従業員になりたくて今でも勉強しています。

その勉強が少し実ったせいなのかわからんが四十路になった時、上級社畜に任命された。

でも勉強を辞めることはできないし相変わらず盆休み・正月休みの様な長期休みになると社長からこの本読め!って渡される。経営の本・利益の考え方の本などなど、もちろん読むけどね。w

いつも思うけど、どのくらいのレベルになったら社長の期待に添えられる社畜になるのだろうかとw

社長が思う理想の社畜レベルが10だとして今のきよすけは2か3か? まあそんな所かなw

少しづつですが引き続き勉強して会社に貢献できるように頑張ります。

長くなりましたが何が言いたかったかと言うと

勉強は社会人になってからも必要です!!

ではまた、きよすけより

備考 税務ニュース・労務ニュース・社会保険ニュース・もちろん昆布業界ニュース・・・・大量にメールがご主人様から届きます、もっと勉強したほうが良いよと言う無言のメッセージなんでしょうね・・・要望されているレベルが高い気がするのは・・・なのかw

年間メール受信数

現在きよすけはoutlookを使用しメールのやり取りをしている。

しかし、すぐにoutlookが許容量を超え、受信できなくなる。

誰が私に大量のメールを送りシステムをパンクさせているのだ?と疑問に思ったので少し調べてみた。

ご主人様とねーさんのメールが一番多くて年間トータル2000通以上・・・・やっぱりお前達か・・・

この2人からきよすけにメールが届くと言うことは依頼や確認がほとんどで「お前は絶対に把握しとけよ!」と言うことです。

この2000通のメール、1日平均すると約7.5件になります、つまり1日7.5件分の案件を処理または記憶しないといけない計算になります。

アホか! そんなん無理やん。

でもそんなことお構いなしにご主人様もねーさんも「あのメールの件だけどさー」とか「あのメールの依頼は処理してくれた?」とかガンガン聞いてくる。

毎日7.5件分の案件なんて記憶できるか! 3日で20件以上の案件だぞ!

その中の1件を追及されても覚えとけって言うのがおかしいだろ?

と嘆いた所でこの2人はこれからも・・・・

まあ、きよすけは超高スペックな記憶能力があるからなんとかなっているけどw

多分というか絶対と言ってよいほど断言できるけど、このモンスター2人を相手に仕事を処理できるのは俺しかおらん!

それほど強烈な2人なのだ。w

さあ、今日もメールをチェック!!

ではまた、きよすけより(もちろん大量メールなんか来ませんよ、妄想なので。)

また買ってしまった。

今年もパソコンを買ってしましった。

処理が遅いとイラつくんだよね。もう何年連続で購入しているのだ?

この数年でPC代50万円以上投入している・・・

誰かさんの昆布を買う中毒症状と変わんないなw

まあ、唯一の趣味がパソコンだから家族には勘弁してくれって買わせてもらってます。

じゃあ、今きよすけの家には何台PCがあるの? 答え 5台

社会人になって何台PCを購入したの? 答え 15台ぐらい(もう数えきれん・・・)

古いPCはどうしているの? 答え 会社で使用している(古くてもビジネスPCより数段処理が早いから)

会社でも家庭でもPCの画面しか見ないから1日10時間ぐらい見ていると思う。

うーん、書いていてつくづく思うけど買いすぎだなw 来年こそは我慢するか。

ではまた、きよすけより

立場逆転再び

社長がふと何を思ったのか不明だがとろろの原料単価を調べだした。

まあ、勝手にどうぞと思っていると案の定・・・

社長 「きよすけ!ちょっとこっちにこいや!」

きよすけ 「はあ、なんでしょうか」(判っているけど)

社長 「とろろの原料単価が高い! これじゃあ採算取れないじゃん!」

きよすけ 「まあ、そうですね」

社長 「ムキ(怒)!!! そうですねじゃねーだろ! どうして高い状態を維持して放置しているんだ! すぐに修正しろや! ゴラァ!」

きよすけ 「修正したいのですが、ある事情で不可能なのです」

社長 「はあん? なんだ意味不明な回答は!ちゃんと説明しろ!ゴラァ!」

きよすけ 「判りましたご説明致します。ある男性が弊社に必要ない昆布まで落札したのですがその男性は落札したのは良いが昆布を売ることもしないで放置します。その不要な昆布の処理に困り、きよすけの単独判断にはなりますが原料で潰し処理することにしました。その結果、原料単価の上がった状態が続いているのです。きよすけは立場上、その男性に度々注意をしているのですが全然言うことを聞いてくれないのです。本当に困りました、今より少しでも良いので利益を増やしたいのですがどうしたらその男性を説得できるでしょうか?何か良い説得方法はありますか?」

社長 「え?・・・・もしかして俺が買った不要な昆布が原因で・・・」

きよすけ 「いえいえ、誰も社長とは言ってませんよ、ある男性と説明させて頂きました。社長は何か心当たりでもあるのですか?」

社長 「・・・・」

きよすけ 「私の尊敬する社長はいつも会社のこと考え行動されています。また昆布を購入する際も慎重に吟味していらっしゃるじゃないですか。・・・あれ?社長、顔色が悪いですが大丈夫ですか?」

社長 「・・・ゴメンナサイ・・・」

きよすけ 「はあん?聞こえんなあ?」(ケンシロウ風)

社長 「もう不要な昆布は買いませんからネチネチいじめるは勘弁してください!」

と、また妄想ネタを書いてみた。

ではまた、きよすけより。

厄災最後の日

厄年は節分まで続くと言われています。

だから今日で終わり!!

本当に一年色々なことがありすぎた、想像を絶するつらい一年・・・

交通事故から始まり心と体の崩壊、仕事のトラブル、身内の不幸・・・と様々なイベントの嵐。

極めつけは上級社畜に昇進するという不幸・・・

皆さん、普通は昇進って嬉しい出来事ですよね?w

でもきよすけにとって厄年最大の不幸なんだ。

社畜の階級が上がればその分だけご主人様からの要求がステップアップするし秘匿情報も増える、また当たり前だけど管理する社員も増える、チキンハートのきよすけにはつらいポジションです。

ま、とりあえず厄年が終わるからこれからは良いことが起きると信じて頑張る!

後厄は?と突っ込まれそうだが

こんな酷い厄年だったんだから後厄なんて俺にはない!!!

あ、まったく関係ないのだが最近ある事情でご主人様の車を修理することになった。

社長 「あのなー、きよすけ、お前の厄年の災いを俺に押し付けるのは勘弁しろよw」

きよすけ 「はあ?俺が厄年だから社長の車を修理することになったんですか?w」

社長 「そうとしか考えられん、お前の厄災は強烈すぎて身近な人を巻き込むんだw」

きよすけ 「全然関係ないと思いますが・・・」

うちの社長は良いことも悪いことも全部きよすけのいじめるネタにする天才です。

ではまた、きよすけより