大手の昆布屋さん

本日はある大手の昆布屋さんが来社された。

いつもお世話になってる素敵な昆布屋さん。

まあ、ここの昆布屋さんにお世話にならない方はあまりないと思うけど。^^

ここの昆布屋さんに見放されると瀬川食品はつぶれちゃうかも?w

今回の商談は途中から参加させて頂いた。

キヨスケ 「いつも大変お世話になっています。瀬川社長~ 何か買わせて頂きましたか?」

社長 「いや、昆布はもうお腹一杯で買う気にならんなw」

キヨスケ 「何を言っているのですか、折角お越し頂いたのに買わないって!! 買いましょう!」

N氏 「あの~ 先程からA昆布を社長にお願いしているのですがキヨスケさん買ってもらいますか?」

キヨスケ 「了解です、コンテナ(5トン)買いで良いですか?」

社長 「ボケ! お腹一杯っていってるだろ! いらんのじゃ!」

キヨスケ 「社長! 何を拒否しているのですか! 相手はあの昆布屋さんですよ! 零細企業の瀬川食品に分けてくれるなんてやさしい昆布屋さんじゃないですか!」

N氏 「ふふふ、無理には言いませんw しかし困りましたね~ 他の物を買ってもらえますか?」

なんとやさしい方なのでしょうか、零細企業の我々にやさしい言葉で対応してくれる。紳士!

社長 「・・・・キヨスケ要る物あるか?」

キヨスケ 「B昆布とC昆布がどうしてもほしいです! お願いできますか? ・・・できればコンテナでほしいです・・・・ボソ」

N氏 「・・・・今年はさすがに無理ですよw でも数量は判りませんががんばってみます。」

キヨスケ 「おお、少しでも手配をお願いできますか、助かります。社長やっぱり○○(昆布屋の名前)さんは違いますね。いつも瀬川を助けてくれます」

社長 「そうだな、○○さんに足を向けて寝れないw」

N氏 「じゃあ、ついでにA昆布も買ってくれますかw」

社長 「・・・それはお腹一杯」

N様ごめんなさいね、本当にお腹一杯みたいで今A昆布は買えません。でも後日うちの社長に沢山酒を飲ませれば酔っ払って「買う!」と言うと思いますw

ではまた、きよすけより(もちろん沢山加筆してるよーん)

仲間入り

とうとう社長や他の四天王達と同じ年代になってしまった。(汗

きよすけだけは彼らとは違う若さがあったのに・・・

加齢臭がする年代・・・

いつも四天王達をおっさん・おばさんと思っていたがきよすけも・・・

あの~、この歳で魚民や笑笑など若い人達が集まる居酒屋に行ってもいいですか?w

それとこの歳で丁稚は辛いです、後任を募集したい。

急募!! (現在瀬川食品に在社されてる方限定)

職種 丁稚

仕事内容 社長及び四天王の雑用及び運転手。なお365日フルタイムの気合が必要になります。

給与 寸志

備考 社会保障・有給制度・交通費あり

こんな募集でうちの社員が誰か立候補してくれるでしょうか?w

まあ無理ですよね、それができたらきよすけと同じ「社畜」と呼ばれる名誉を手に入れることができるのですが・・・

ではまた、きよすけより。

今日は祝日なのに

勤労感謝の日でお休みです。

しかし、会社の始業時間には「社長」「ねーさん」「きよすけ」がいる。

どういうこと? 休日で休みなんですけど・・・

別に3人とも示し合わせている訳じゃないのに始業時間には揃ってるw

マジで、なんで君たちまでいるのよと言いたいw

僕は社畜だから休日とか関係なく会社にいるのは当然なんだが・・・w

みんな会社にいると心が癒されるのかなw

皆さんはちゃんと休んでね^^

ではまた、きよすけより

仕入れ業者の知恵者

ここまで昆布の相場が上がれば値上げしなければいけないものが出てくるが

この状況を知っている仕入れ業者がクセ者? 知恵者?なのです。

仕入業者I(以下I)「昆布の状況は悪いみたいですね、値上げがあるのですか?」

きよすけ 「そうですね、内容量調整や値上げになります。ここまで高いと仕方ないです」

I氏 「そうですかw 値上げもありますかw でも相手に値上げを提示してもすんなりOKもらえないでしょ?」

きよすけ 「まあ、厳しい市場ですから厳しい返答をもらったりしますが、今回ばかりは上げなければ会社の存続にかかわりますから」

I氏 「ですよね~、今回の昆布相場を見ると絶対に値上げは会社の存続に必要ですよね」

と延々を値上げについて賛同してくる。

そして30分ぐらいきよすけが値上げの必要性を説明した所でそっと見積書を出してくるI氏であった。

I氏 「あのー、値上げの見積書を提出させて頂きますw」

きよすけ 「はあ?」

I氏 「それだけ値上げの必要性を力説されてうちの値上げは認めないってことはないですよね?w」

きよすけ 「あ、あ、あなたは!! これを提出する為に30分も笑顔で賛同してたのか!!」

I氏 「はい、30分もきよすけさんの力説してくれたから助かりました。だって提出しやすい状況を作ってくれましたからw 今回は沢山の値上げがあったからどうしようかな?と思っていたのですがうまく提出する環境を先方から作ってくれたのでラッキーです。いつもこんな状況で提出できたら良いのですがもうこの手には引っかからないですよね?w」

きよすけ 「・・・・・値上げを許可します・・・・もう今回の手には引っかからないですけど!!」

I氏 「まあ、次回は他の手法を考えます、考えるのも楽しいですしねw」

また、I氏の策略に嵌ってしまった!! 前回といい今回といい、振り回されっぱなしじゃん!絶対倍返ししてやる!!

ではまた、きよすけより

只今出張中

今回、ある営業マンにホテルを予約してもらった。

ここは九州でも有名な観光地の別府。

しかしホテルで少し不幸な出来事があったので紹介する。

17時30分にチェックイン。そして18時30分、1階のバイキングで夕食をしようと思いレストランに入るとなんと満席。

え? こんな地方のホテルのレストランで満席ですと?!!

良く見ると皆さん外国人。ああ、観光ですか、仕方ない時間をずらしてまた出直しますわ。

なんせバイキングだからお腹一杯まで食べたいからね、見られると萎縮しておかわりできない^^

20時に再度訪問。

・・・・・第2陣の外国人が飲み放題の宴会をして満席。・・・・・

どうなってるんじゃあ!!このホテル!! 外国人の貸切か?

でももう我慢できん、レストランに突入しましたよ。スーツ姿の日本人は私を入れて3人。

超肩身が狭いw

3人は外を向いてひたすら食事。室内は外国語が飛び交うが全然わかりませんw

おかわりがしたいがどうも目線が気になり躊躇してしまうのでスーツの2人がおかわりに立つまで我慢、そしてこの2人は連れですよみたいな雰囲気を出して3人で仲良くおかわりw

全然知らない人なのに日本人が変な所で団結してしまった。w

でも全然ダメですね、結局2人前ぐらいしか食べれん。ゆっくり食事を楽しめない。

え?2人分食べれば十分だろ?って声が聞こえてくるような・・・きのせいか?

せっかくのバイキングが楽しめず少し不幸なきよすけでした。

明日の朝食バイキングに期待!

ではまた、別府よりきよすけ。

ねーさんの付き添い

ねーさん 「きよすけ、重たい物を買うから付いておいで、ついでに車の運転してね」

きよすけ 「あー、別にいいですけど何を買うのですか?」

ねーさん 「箒を○個と扇風機を○個とかw」

きよすけ 「とうとう、ねーさんも頭がおかしくなったんだね、この寒い時期に扇風機ってw 気が狂ったとしか思わんなw」

ねーさん 「ああ?現場は必死に作業しているから暑いんだよ、ゴラァ! お前みたいにボーとしている社員はおらんのじゃ! 丁稚は丁稚らしく大人しく付いて来ればいいんじゃ、ボケ!」

きよすけ 「で、でもこの時期に扇風機なんて売ってないですよ、ストーブとかなら判りますが。」

ねーさん 「店頭に無くても倉庫に眠っている可能性が十分に考えられる、きよすけが店員と交渉して売ってもらえば大丈夫。」

きよすけ 「ううう、僕が交渉するのですか。。。ねーさんがすればいいじゃないですか。」

ねーさん 「お嬢様と執事が買い物に出かけてお嬢様が店員と交渉するって変だよね?執事がするのが普通でしょ。」

きよすけ 「いつの間に俺は執事になったのですか・・・ねーさんといるとどうしてこんな役になるのですかね。いいですよ、交渉しますよ。」

そしてホームセンターの店員に扇風機ありますか?って聞くとやっぱり店頭にはなかったけどバックヤードにありました!!

でもそれを持ち帰るのが恥ずかしかった、店内で他のお客さんから「え?寒いのに扇風機?」って見られていると思うと・・・ねーさんは別に気にしてなかったみたいですけど。

ではまた、きよすけより

3人でお出かけ

先月、会社宛に展示会の招待状が届いた。

近隣で開催される模様で折角だし行こうと決め、社長に許可を求めた。

きよすけ 「あのー、すみません。○○日にねーさんとデートしてきますわ」

社長 「ん?ねーさんとどこに行くの?」

きよすけ 「展示会です。半日ほど留守にしますので」

社長 「ふーん、いいけど、俺ともデートするぞ」

きよすけ 「はあ? 社長と何処かに行かなければいけなのですか? どこですか?」

社長 「お・か・や・ま。もちろん日帰りで! 俺とねーさんときよすけの3人で日帰りデート!」

きよすけ 「何をしに行くのですか?」

社長 「勉強会! 終了が16時30分ぐらいだから日帰りできる!」

きよすけ 「この歳でセミナーに出席ですか、宿泊して岡山の夜を楽しむツアーもオプションで付けてくれたら考えるますけど・・・」

社長 「いいかげんにしろや!ゴラァ! お前の為に行くんじゃあ!! 丁稚も頭を使う時代なんだよ!! 勉強しろ!」

きよすけ 「・・・・・勉強します」(バカは一生治らないと思うけど・・・)

と言う事で10月は3人でお出かけが1回、2人でお出かけが1回ありました。

まあ、少しでも勉強して会社に貢献できれば良いけど、きよすけ自体のスペックが低いからどうでしょ?w

ではまた、きよすけより