ある昆布屋さんとの商談

少し前になりますが心を痛めた出来事がありましたので謝罪と弁護をかねて報告します。

 

私「そろそろ羅臼○○(以下①と記載します)の在庫が少なくなってきましたので購入しませんか」

社長「いいよ、どこで買う?」

私「○○の商談会でD代社長さんが羅臼○○(以下②と記載します)を出品されてましたのでもっていらっしゃるのではないですか?」

社長「了解、聞いてみよう、②が○○○○円なので①だったら50円アップで売ってくれるだろう。」

私「は?相場とかけ離れていて常識の範囲を超えていますが・・・・社長、もう少し常識の範囲以内で交渉しませんか」

社長「お前なあ、常識ってなに?買いたい値段で初期交渉するのは問題ないだろ、希望を伝えるだけだから」

私「それでもあまりにひどい希望価格ですか・・・」

社長「先方が処分したい商品だったら交渉に応じてくれるだろ、そんな商品だったら儲けもんじゃん」

私「はあ、じゃあ、がんばって交渉してみてください。」

社長「何言ってるの、お前が交渉するんだよ、そんな値段では俺は言えない。」

私「私でもそんな非常識な値段で交渉できませんよ」

社長「とりあえず、やさしい声と申し訳ない感じで電話してみろ、なんとかなるかもしれない」

私「どうなっても知りませんよ、私のせいにしないでくださいよ」

 

ということで私が電話をすることになった。

 

私「あの~すみません、ひっそりと広島で活動してしています瀬川食品です。D代社長さんはいらっしゃいますか」

受付「はい、替わりますね」

D代社長「お久しぶりです、ブログ見てますよ」

私「ありがとうございます、あの~今日は羅臼①をもっていらっしゃるかなと思いお電話させてもらいました」

D代社長「ありますけど数量は?」

私「○○ほど購入させて頂きたいのですが」

D代社長「なんとかなると思います」

私「○○の商談会で羅臼②を出品されてましたよね・・・・その価格の50円アップでお願いします」(超ちっちゃい声で)

D代社長「・・・・」「は?」

私「いやー私はそんな値段だったら失礼になるってうちの社長に言ったんですよ、でも交渉してみろって言うから」(必死に弁解!!!)

D代社長「フフフ、相変わらずですね、○○○○円だったっらいいですよ」

私「社長に相談してすぐに折り返しお電話します」

D代社長「了解、待ってます」

ということで社長に相談する。

私「○○○○円だったらいいよっておっしゃられていますがどうします?こちらの希望価格と全然違いますが・・・」

社長「OK、買おう」

私「は?何を簡単にOK出しているのですか?だったら始めから常識の範囲内で交渉させてくださいよ、恥ずかしいじゃないですか。」

社長「まあ、いいじゃん、俺が恥をかいた訳じゃないもん!!」

私「まあ、そうですが・・・・」

ということで購入させて頂きました。

D代社長様、あの時は大変失礼しました、でもですね社長に言われたのをそのままお伝えしただけですからね、絶対私が好き好んであんな値段を言った訳じゃありませんよ!!それだけはご理解を頂きたくてブログに記載しました。^^ 

これからも長いお付き合いの程、お願い致します。

(上記のお話はフィクションです)

ではまた、

昆布屋さんへ

昆布屋さんへ

いつもご来社して頂きありがとうございます。あのーお願いがあるのですが、来社されたら瀬川社長と商談されますよね?そこに私を呼んで頂けませんか?ネタが無くてブログの更新ができないのです。^^

ネタを提供していいよって言って頂ける方はぜひ私も同伴で商談させてください。お願いします。

ではまた

本性を出した!!

引き続き仕入業者の話になりますが、今回は別の業者です。

びっくりする発言が2つありましたのでブログに書こうと思います。

その①(電話での出来事)

私「すみません、以前出ていた見積の確認です。たしかこの商品は7.3円でよかったですよね?」

美人事務員「え?、弊社の営業からの見積は7.8円になっていますが何かのお間違えではないですか。」

私「こちらに見積が残ってないので確かではないのですが2回目の再提出して頂いた見積では7.3円になっていたと思うのですが・・・・」

美人事務員「再提出はしていませんよ。7.8円です」

私「はあ、そうなのですか。7.8円ですか。じゃ私の記憶違いですかね? 確か営業が値段を下げましたって来社された記憶があるのですが・・・・」

美人事務員「え?そんなことを覚えているのですか?じゃあしかたない、2回目の見積が出ています」

私「ほら、やっぱり2回目の見積があるじゃないですか!! 自分が記憶が定かではなかったら7.8円で通して0.5円儲けるつもりだったでしょ!!」

美人事務員「手口がばれちゃいましたね^^  勘違いってことで許してもらえます?」

私「はい、勘違いですね・・・」

うーん、恐ろしい業者だ!!

その2(営業マンとの商談)

営業マン「資材なんてどこでも買える。資材を売り込むつもりで商談しては自社は負けてしまう」

私「じゃ、何を売って特徴を出すのですか?」

営業マン「資材を売るのではなく、人を売る!!」

私「え?人身売買して利益を稼いでいるのですか!!」

営業マン「うーん、そこまで露骨に言わなくても、って違います。営業マンの個性を生かして商売していくという意味です。!!」

私「そんなに言わなくても、判っていますよ秘密にしときます^^」

営業マン「何か勘違いをしていませんか?」

私「ぜんぜんしてませんよ。^^ 以前からそんな雰囲気あったもん」

 

こんな会話を私はある業者様としています。いつも猫をかぶって商談されていますが、時々、ひょんなことでボロを出してあわてて修正しています。おそろしい業者でしょ。^^

ではまた。

仕入業者のN部長様

N部長様

いつもお世話になっています。^^

弊社担当のSさんから上司のN部長が瀬川に来たいと言っていますけどどうします?

って来社される度に言われるのですがどんな御用でしょうか?

弊社担当のSさんはいつも瀬川のこと考え、迅速な行動と適切な価格?で対応して頂いています。

Sさんだけの商談で満足していますが何か問題が起きたでしょうか?^

値上げの商談で来社されるのでしたらご遠慮したいのですが・・・・^^

まあ、いつもSさんは部長が何を言っても瀬川の不利益になることは僕のレベルで止めますから大丈夫っす!!

って大真面目に言っているんで安心はしているのですが、部長がシビレを切らして乗り込んでくるとしたら・・・

怖いっす!! 勘弁してほしいっす!!瀬川の玄関閉めるっす!!

ただ久しぶりに私の顔を見たいだけってことでしたらいつでもご来社をお待ちしております。玄関で大切な仕入業者様であるN部長をお出迎えさせて頂きます。^^

ではまた。