最近びっくりしたこと

お得意様やお客様に昆布のすばらしさをお伝えしている私ですがいつも仕事で昆布に接している為、自宅には昆布を持ち込まないようにしてきた。(せめて自宅では昆布のことを忘れたい)

あるとき仕事が終わって自宅に帰ってみたらテーブルに沢山の昆布が・・・・・

「なんじゃこりゃ!!」と松田優作そっくりに叫んでしまった。(本当です)

小学校低学年の息子が「あ、お父さんお帰り何びっくりしてるの?」といいながら上田昆布さんのとろべーやおしゃぶり昆布を嫁といっしょに食べているではありませんか。

「お前何食べてるの?」って聞くと「昆布だよ」って。え? 息子が昆布を知ってるの?

「昆布って知ってるの?」と聞くと前から食べてて大好物だそうだ。なんで前から食べてるの?

むちゃくちゃ驚くと同時に頭の中が?マークでいっぱいになった。自宅に昆布を持ち込むこともいっしょに買い物に行く時も昆布を買った記憶がない。嫁を睨むととぼけた顔をしている。

嫁に「説明しろ」と言うと2人で買い物をした時に昆布を見つけこれ買ってとねだられたらしい。それ以来息子が夢中になり、亭主のいない間に食べていたことを白状した。それからというもの堂々とお菓子箱には昆布が入っている状態に・・・息子よ!そんなに昆布が好きなのか?

そんな日々が続いていたある日、私は医者から糖尿病の薬を飲みましょうかと言われこれにもびっくり!!

ちょっとまって何か方法はないですかと尋ねると「体重を落としなさい、とりあえず4ヶ月の猶予をあげます」と言われたので食事制限や運動などをする始末となった。しかしやっぱりお腹がすきます。お菓子箱を覗くとカロリーの高いものばかり、あるのは・・・・・昆布。頭の中で格闘です。自宅では昆布のことを忘れるのではなかったか?ポリシーを貫かないのか?と自問自答・・・負けました、思わず食べてしまった。うまい!!

息子にとって昆布は「おやつ」

私にとって昆布は「ダイエット食」

現在、我が家では昆布はなによりも大事な必需品になっています。

ではまた。

 

 

昆布はそこで採れるの?

1週間前、出張中にふと本屋に立ち寄った。平成のベストセラーとして「居眠り磐音シリーズ」があったので1巻を購入しホテルで読むとこれが結構面白く、自宅に帰っても読み続けなんとか12巻まで読みました。(1日3時間睡眠が続きましたが・・・)

その中で主人公の故郷の豊後関前藩が借財返済の為、地元の特産品を江戸で販売するという設定がある。なんと特産品の中に昆布があるではありませんか。ん?豊後って現在の大分県ですよね?江戸時代にはそこで昆布が採れてたの?しかも「りっぱな昆布」とか「普段使用している物より品質が良い」とか文章に出てきます。文章から察するにかなり上質の昆布の様子。

本当に江戸時代に昆布はそこで採れてたの?それとも物語(架空)の設定として登場しただけかな?

まあ関前藩自体が架空なので設定と思いますが豊後は本当にあった地名なのでどうなのかと。

昆布屋に勤める者としてちょっと気になりました。

ご紹介

日本昆布協会のHPに昆布の知識や食べ方などが紹介されています。

ぜひ参考に。 アドレスは弊社リンクからいけます。 www.kombu.or.jp

ということで知識や食べ方などは協会のHPにおまかせして、弊社のブログには業界のことや会社内のことを書いていこうと思います。

ではまたね-