海林 羅臼昆布

海林 羅臼昆布化粧箱に入った納得商品海林 羅臼昆布

羅臼昆布は昆布の王様と呼ばれています。
濃い、コクのある出汁が出ます。

羅臼昆布450g

通常5,250円のところを・・・
ネット価格3,675

ご注文はこちらから 
注文フォーム

羅臼昆布とは・・・
真昆布と並ぶ昆布の最高級品。
エナガ鬼昆布という種類。
色は茶褐色。
濃厚な味のため、関東地方ではだし昆布として、この羅臼昆布が好まれる。

味紀行 6点セット -ご贈答用-

味紀行 6点セット人気製品を詰め合わせました。たくさんの昆布を楽しめます。

===味紀行 6点セット内容===
・釧路産厚葉一等しそ昆布180g (つくだに)
・釧路産厚葉一等角切昆布200g (つくだに)
・とろろ昆布 40g
・ちりめん昆布 100g
・子持昆布 150g (つくだに)
・茶漬昆布 180g (つくだに)

価格3,150円(税込)

ご注文はこちらから 
注文フォーム

『釧路産厚葉一等角切昆布』は、
第38回農林水産祭広島県食料品品評会において農林水産大臣賞を受賞致しました。

 

味紀行 4点セット -ご贈答用-

味紀行 4点セット -ご贈答用-人気製品を詰め合わせました。
たくさんの昆布を楽しめます。

===味紀行 4点セット内容===
・釧路産厚葉一等しそ昆布180g (つくだに)
・釧路産厚葉一等角切昆布200g (つくだに)
・とろろ昆布 40g
・ちりめん昆布 100g

価格2,625円(税込)

ご注文はこちらから 
注文フォーム

『釧路産厚葉一等角切昆布』は、
第38回農林水産祭広島県食料品品評会において農林水産大臣賞を受賞致しました。

沖縄と昆布の関係

沖縄には昆布を使った料理が多いそうです。
また数年前までは沖縄県が昆布消費量日本一を誇っていました。
【関連記事】沖縄の昆布消費量と平均寿命

しかし沖縄では昆布は採れません。

ではなぜ昔から沖縄(琉球)の人たちは昆布を好んで食材として利用したのでしょうか?

 

沖縄の昆布消費量と平均寿命

昆布についての記述で多いのが昆布のとれない『沖縄県が日本一の昆布消費地域』と言うもの。

しかし今では沖縄の消費量は年々落ち込んでいます。

【引用】琉球新聞記事
1986年は1232グラムで全国1位を誇っていたが、2004年には566グラム、全国10位にまで低下した。(中略)
昆布はミネラル成分や繊維質などを多く含み、健康食材として高く評価され、郷土料理に欠かせない「長寿食」の一つとも言われている。2000年に県内男性の平均寿命が4位から26位に急落した「26ショック」の背景には、脂質を取りすぎる食の西洋化があるとされる。郷土食材の代表である昆布の消費量低迷は、沖縄の長寿に影響を与えているとも言えそうだ。
>昆布の消費低迷、全国10位に 煮込みに手間…敬遠?

昆布を食べなくなったことと、寿命が短くなったこと。

偶然ではないような気がします。

縁起の良い昆布(こんぶ)

コンブは昔から正月の鏡餅(かがみもち)の飾りなどに縁起ものとして使われてきました。

これは昆布の古い呼び名に由来しています。

昆布の古い呼び名は「ヒロメ」と言います。
『ヒロメ』→『広める』に通じ、昆布の長く伸びた形状が縁起が良いとされてきたからです。

また「こんぶ」→「よろこぶ」にごろが通じるところから、「養老昆布(よろこぶ)」という字をあてめでたい縁起物としたとも言われています。

当て字では子供を生む女性と言う意味で「子生婦(こんぶ)」と当て子孫繁栄を願う縁起物として、婚約時の結納品のひとつにもなっています。