ご子息に倍返し!!!!!

10数年間、社長からの仕打ちに耐えてきたきよすけ、とうとう仕返しをする時が来たようだ。社長に仕返しする勇気がないので、ご子息に同じことをして倍返ししてやる!!w

ある日の金曜日の夕方、社長からある案件の依頼が来た。

社長 「きよすけ、来週中まででいいから資料作成してほしい、息子も手伝わせていいから。」

きよすけ 「了解しました。2人共同で作成しますね。」

そして、社長室から退室したきよすけはご子息に依頼内容を伝えた。

きよすけ 「ご子息様、今日中に前半部分のデータを作成しますので後半部分をお願いします。」

ご子息 「ほーい、了解でーす」

きよすけ 「あ、言い忘れてたけど、社長が月曜日に資料ほしいって言ってたよ(本当の期日は来週中)」

ご子息 「え? それ無理でしょ、土曜日・日曜日は休みなんで今日中に前半部分を渡されても月曜日までに完成させるのは無理です。」

きよすけ 「なに言ってるの?w ゆっくり土曜日・日曜日を利用して資料を完成させればいいじゃないw」

言ってやったわ、いつも社長から言われる言葉、 「なに言ってるの?w ゆっくり土曜日・日曜日を利用して資料を完成させればいいじゃないw」

これぞ、仕返しだ!!!

ご子息 「ううう、休みの日は用事があって、時間が空くかどうかわかりません。」

きよすけ 「あのね~、仕事が一番大事な用事なの!!それ以外は後回し!w」

うひひひ、超快感、今まで溜まっていた鬱憤を今こそ晴らすのじゃあ!!

しかし、この会話を聞いていた舎弟Kとおかちんから反撃をくらう。

おかちん 「自分が嫌だったことをご子息にやらせるのは人間として最低だな、きよすけ」

舎弟K 「自分が辛い思いをしたからと言って、ご子息に同じことさせるのは心が狭い男よのお。」

うううう、いつからお前たちはご子息様の味方になったのだ? 20数年いっしょにがんばってきた仲間じゃないか。それが急に手のひら返したように裏切る言葉。

ええ、判りますよ、あなた達はもうすでに権力のあるご子息様に尻尾を振った訳ですね、きよすけの利用価値はなくなったのですね・・・・グスン

きよすけ 「ごめん、ご子息様、来週中に完成させればいいです。ですから休日に出勤する必要はありません」

ご子息 「ええ、最初から休日出勤するつもりはありませんよ、休日にボランティアで出勤するのはきよすけ(社畜)さんだけで十分ですw」

ええ!! 何てことを言うんだ、家族できよすけのトリセツを共有しているのか?

ではまた、きよすけより

同行販売

ご子息と弊社営業マンとの同行販売を計画してみた。

営業マンの話だとどうも最終日が鹿児島になるらしい。

きよすけ 「良かったね!、鹿児島で終わって広島まで帰るには車で7時間ぐらいは掛かるよ! 営業マンの辛さを経験できるチャンスじゃんw」

ご子息 「・・・・車での移動は勘弁してください、公共機関で検討を・・・」

きよすけ 「やかましいわ! 何事も経験じゃあ! 鹿児島から車で帰ってこい!」

(きよすけ、先輩の意地を見せる)

おかちん 「鹿児島からの帰宅は地獄じゃのおw」

ご子息 「・・・・・新幹線で移動させてください!」

うーん、今のうちから厳しく指導しなければいけないと思うが、悲しいかな、俺、瀬川一族の下僕なのよね、一族には逆らえない。

きよすけ 「じゃあ、新幹線で移動してもいいよ!」

と、思わずあっさり許しちゃったw

ではまた、きよすけより

ブログお休みします

すみません、休職というか有給でお休みしていました。

ちょっと、体調を壊してしまいまして・・・

その期間は携帯電話もメールも一切見ない生活をしており、お得意様にはご迷惑をお掛けしましたこと、お詫び致します。

また、誠に勝手ではございますが当面はブログの更新をお休みします。

復帰の目途が立てば再開します。

ではまた、きよすけより

携帯更新

長年使用している携帯を更新する話題が持ち上がった。

社長 「みんな、新しい携帯に替えたい?」

おかちん 「どっちでもいいですけど。」

社長 「そう、じゃあ継続でいいかな。」

きよすけ 「ちょっと待って、俺、新しいのがほしいです。」

社長 「はあ?どうして?」

きよすけ 「パネル部分の不良がありまして・・・」

社長 「どうしてお前だけ携帯が故障してるんだよ!! ほかのメンバーは問題ないのに。」

きよすけ 「そう言われましても・・・」

社長 「お前から滲み出た油で携帯がおかしくなったんだろ!!

おかちん爆笑

きよすけ「たしかに俺、太っていますので体から油が出やすいとは思いますが・・・」

社長 「仕方ない、きよすけの為に買い替えるかw けど、新しい携帯がまた壊れたらいけないので、お前痩せれば?w」

この会話はまったく加筆していません。みなさん酷いと思いますせんか?w

日常的に社長はきよすけをディスって楽しみます。

ではまた、きよすけより。

 

きよすけ戦記㉓

仕入業者が持ってきたデザイン

はあ?

株式会社 瀬川食品?

お、お前、何年うちに出入りしとるんじゃあ!!!

ネタか? ネタなのか?

マジで持ってきたのなら出入り禁止じゃあ!!!w

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記⑰

ある会報がきよすけの元に回ってきた。

内容は各会社から優秀な社員集めて表彰式をしたとのこと。

優秀な社員とは「企業に従事する従業員であって、職場における勤務成績が優秀であること、他の模範になること」

はあ? どうしてきよすけが呼ばれてないの? すべてにおいて優秀なんですが! 他の模範になっていますが!!

20年以上も勤務して一度も表彰式に呼ばれたことがない・・・

会報がうちにあるってことは会員だよね。なのになぜ呼ばれない?

きよすけ不満爆発です。

この不満を仲間に言ってみた。

きよすけ 「なんで俺が表彰されないんだ! おかしいだろ!」

社員 「・・・・・(無視)」

きよすけ 「毎年表彰式があるらしいが一度も呼ばれたことない! どうなっているんだ!」

おーじぃ 「お前気づいてないの?w」

舎弟K 「教えてあげましょうか?w」

きよすけ 「なんだよ、言いたいことがあれば言えよ」

舎弟K 「きよすけは優秀ではないからです!」

きよすけ 「は?」

舎弟K 「自分で気づいてないのですか? 周りから見ればきよすけさんは優秀とは無縁のダメな社員です。」

社員「wwwwww」

きよすけ 「そんなことあるか!」

おーじぃ 「お前、可哀そうなやつだな、ダメ社員と気づいてないなんて・・・」

みんな酷すぎる・・・そこまで言うか・・・

舎弟K 「おまけに社畜に賞状なんて必要ないでしょ、ただ働いて死ぬだけの存在ですから。」

・・・・・俺・優秀じゃないらしい・・・・

・・・・・俺、社畜認定らしい・・・・

家庭でも会社でもきよすけの扱いが酷すぎるわw

もう放浪の旅に出たい・・・

ではまた、きよすけより

亡霊出現?

先日社内で騒ぎが起こった。

仕入業者のI氏が現れたらしい。

I氏からY氏に担当が変わって半年、来るはずがない。

証言を集めると、きよすけを探して事務所・工場を彷徨っていたみたい。

うーん、どうも怪しい証言。

I氏が担当だった時、毎日のように来ていたから見た気がしたのかもしれない。

だって、俺は逢ってないもん、亡霊じゃね?

本当に俺に逢いに来ていたなら、社内放送なり電話なり連絡あるでしょ。

結局当日は本当に存在したのか亡霊なのか不明なまま1日が過ぎてしまった。

翌日、少し心配になってきた、彼は10年以上「私は瀬川食品の社員でみんなの身内だ!」と言い社員を洗脳してきた。そして洗脳された社員は自然にI氏に資材を注文をするようになった。そうなると不思議なものでいつもいるI氏が弊社の社員に見えてくるw

いつも在籍していたI氏を半年見ないとうちの社員は禁断症状と言うか幻覚と言うか亡霊を見るようになったのではないかと。

と言う事でI氏に電話してみた。

きよすけ 「あの~、昨日うちの会社に来ました?」

I氏 「はい、訪問しましたよ。」

きよすけ 「はあ? なんで来たの?」

I氏 「きよすけさんが私の顔を見たいだろうと思いまして。」

きよすけ 「いや、顔なんて見たくないけど・・・」

I氏 「色々な場所を探したのですが見つからないし、たいした要件も無かったので帰りましたけど。」

きよすけ 「なるほど。」

やっぱり来たんだ、亡霊じゃなかったw

まあ、また時間がある時にでもお逢いしましょう。

ではまた、きよすけより

熊本震災 お見舞い申し上げます

この度の 熊本地震により 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

 

大変な地震に見舞われ、今も余震があるなかで、ご苦労をお察しいたします。

微力ながら、できるだけの支援をしてまいります。

瀬川食品株式会社
代表取締役 瀬川 靖

お祝いあるよね?

ふと気づいたが来年で勤続20年になる。

ふーん、と思う人もいると思うが一般サラリーマンの20年とは訳が違うのだよ!!

歴代の社員の中でもきよすけほど過酷な扱いを受けた人はあまりいないのではないか?

と自負できるぐらい辛い20年なんだ。

これは会社を挙げて20年のお祝いをするべきと思うぞ!

「祝20周年・きよすけ上級社畜様」ってタイトルでホテルで会食するべきだ!

会社の敷地内に銅像も建てるべきだな、タイトル「瀬川食品にすごく貢献した社畜」。

こんなことご主人様に言ってもどうせお祝いなんてしてくれないので社員に祝ってもらうとしよう。

きよすけ 「あのー、来年勤続20年なんだけどお前たちお祝いをちゃんと考えているよね?」

おかちん 「も、もちろん上司の20周年はお祝いしますよ、なあ舎弟K。」

舎弟K 「ええ、きよすけの顔にパイを投げて顔中パイだらけになった動画をyoutubeにUPします、みんなでパイを投げてお祝いするっていい案ですよね」

きよすけ 「・・・・別の案はないのか? 会食とか」

舎弟K 「ああ、会食ですか、じゃあ俺が社員みんなを集めますし会場もおさえますよ。」

きよすけ 「おお、それでいこう、ホテルできよすけを祝ってくれ」

舎弟K 「了解です、当日はクレジットカード持参してくださいね、そのカードで支払いしますから。」

きよすけ 「??? 俺のカードで支払いって・・・・俺の祝いでしょ、払う必要性がないと思うが」

舎弟K 「上級社畜の身分で祝ってもらおうと思ったら自費だろ? 社員以下の身分のやつになんで俺たちが自腹で祝いをしなきゃならんのだ?ああ?」

きよすけ 「一応、組織図としては俺が上司なんだが・・・」

舎弟K 「建前上はな、でも社内的には社員以下だからな!」

きよすけ 「やっぱりそうなんだ・・・・」

もう期待するのはやめよう、ご主人様も社員もきよすけを祝う気なんてないや。

ではまた、きよすけより

上級社畜は社員以下の身分とみんな思っているらしい・・・・