きよすけ戦記⑦

先日の営業会議、おかちんのせいできよすけは散々でした。

もちろん、社長の追及は止まりません。

社長室にて。

社長 「きよすけ! 売上が悪いぞ! 早く遠方の得意先を周って売上稼いでこいや!」

きよすけ 「じゃあ、来月訪問しますので飛行機の予約お願いします。」

社長 「何言っとるんじゃあボケ! 今月から活動しろや!」

きよすけ 「いやあ、ケチな社長だから早割で経費を浮した方が喜ぶかなと思ってw 来月の予約なら早割できるでしょw」

社長 「・・・そんな問題じゃねーんだよ! さっさと行ってこい!」

と言う訳で遠方に出張します。

でもね、急に予約取ったから飛行機の座席が・・・3列シートの真ん中しか空いてないって言う悲劇・・・

きよすけ 「あの~社長、座席が真ん中しか空いてないっす・・・俺、デブだからこれは辛いっすよ・・・とほほ」

社長 「え~マジ? 超うける~!!!w」

ほんとどんなことでも社畜をからかうことを止めないなあw

ではまた、きよすけより

備考 以前も書きましたけど、社畜が交通機関の予約をすることは禁止されています、ご主人様の特権らしいです。始発便・最終便で予約して目一杯仕事させたいらしい。監視が厳しくないですか?w

ご主人様が予約→確認のメールがきよすけに届く→確認すると真ん中の座席→ご主人様に報告→ご主人様爆笑

きよすけ戦記⑥

戦記④で風邪を引いた話を書いたが、数日後完治しました。(インフルではなかった)

でもでもでも! 社畜が風邪を引くと後々まで・・・と言う話をします。

完治後、出勤して業者と商談していると会議室の扉から顔を覗かせる悪魔がいる。

悪魔 「きよすけ~、お前のせいで風邪引いた…うつすなや。」

きよすけ 「え? うつしてないですよ。」

悪魔 「いや、この風邪はきよすけ菌が原因じゃあ」

きよすけ 「・・・」

悪魔 「お前の菌は強力じゃのう」

きよすけ 「一言言っていいですか? 俺、風邪引いてからは、あなたに接触していません! 社長室にも入室していませんし! あなたの風邪はご自分で感染したものです!」

悪魔 「えー、きよすけのせいでいいじゃん、うちの奥さんもきよすけが風邪引いたの知ってるし、言い訳としては完璧だと思う。」

たぶん、奥さんはこのブログを見たからきよすけが風邪を引いたのを知っている。

でもきよすけ菌のせいにされては困る!

きよすけ 「いい加減せいよゴラァ! 先週の新年会の後、一人で夜の街を徘徊したのは誰じゃあ?ええ? 徘徊せずにあのまま帰っていたら風邪なんか引かなかったとは思わんのか!ゴラァ!」

(きよすけは新年会の後、21時の最終便のバスで帰宅しました!)

悪魔 「いや~ あの徘徊は必要なことで・・・風邪とは関係ないし・・・」

きよすけ 「・・・・」

悪魔 「とりあえず、辛いから早退します。 あ、それとこの風邪、きよすけ菌のせいと奥さんには言い訳する!じゃあね!」

言いたいことだけ言って帰っていった・・・なんなんだあの悪魔は・・・

一人取り残されていた業者の人が。

業者 「なんなんですか今の会話w」

まあ、そうだよね、経営者と社員の会話じゃないよねw

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記⑤

悪夢の営業会議が始まった。

俺、成績悪いのに議事進行役…とほほ

本日、社長様のご機嫌は超悪いから言葉の端々が嫌味たっぷりのオマケ付きの会話

今回社長のターゲットはおかちんみたい、超ラッキー!! 俺は完全に無視されいい感じ、だからこのまま無事会議終了を目論む計画。

あ、社長がどんな嫌味を言うかと言うと

社長 「こっそりと安売りするおかちん!」とか色々名前を言う前に一言入れる感じw

もちろん、おかちんは焦るよねw

おかちん 「いやいや、今日の社長は言葉がきついっす! 俺、安売りしてないっすよ、たかっしーの方が安売りしてます。」

とか色々な言い訳をして社長の追及を避ける・・・けど他の営業の悪事をバラすから周りの営業はたまったもんじゃないw

まあ俺に被害ないからいいけどね!

でも順調に見えた会議もおかちんのせいで台無しに…

おかちん 「社長! きよすけの今年の目標を聞きたいです!」

アホかこいつ。わざわざ俺を指名してw

散々年始から社長室で説教及び活動内容を報告してるって!

きよすけ 「あのー、散々社長室で社長と話し合っているのでここでの発表は控えます、会議の時間配分もありますし・・・」

おかちん 「いやだ! 俺たちは聞いてない! みんな聞きたいよな?」

と強引に発表する場を設けようとする・・・

それを聞いた社長が一言。

社長 「じゃあ、きよすけ発表しようか。」

・・・・これ以上、恥を晒すのは勘弁してほしい・・・

折角、今回は無事終わると思ったのに・・・

ま、当たり前だが発表すると社長のありがたい説教がおまけに付く始末。

俺、社長室でも会議室でも・・・何回怒られればいいんだろ?w

ではまた、きよすけより

 

 

きよすけ戦記④

昨日の夜に異変を感じた。

これ風邪じゃねえ?

案の定、翌朝咳がとまらん。

こりゃあ、午前中に仕事して午後から早退しなきゃみんなに迷惑をかける。

さらに午前中の勤務時間も会議室に閉じこもって仕事しないと・・・

マスクをしてるきよすけを見て、みんな距離を取る。

きよすけ 「今日は会議室で仕事するから・・・」

社員 「早く行け!」

すげー、みんなにドン引きされた。

そこまでバイキンみたいな扱いをしなくても・・・・とほほ

要件があって会議室の扉を開けるおかちんも口元を押さえ話しかける始末・・・

また、用があり会議室からきよすけが顔を覗かせた途端、用が済んだらさっさと引きこもれ!とみんなで合唱・・・

出勤するんじゃなかったわ・・・

社畜だからこんな扱いを受けるのか? それとも病人だから?

今日は大人しく帰宅します。

ではまた、きよすけより

きよすけ戦記③

毎年1月はきよすけにとって非常に嫌な月なのです。

何故なのかと言うと、社長がやる気満々になるから。

年も明けたし、さあ、がんばるぞ!って感じw

だから1月はできるだけ社長の顔を見ないようにしているが・・・これが無理なんだわ。

きよすけを探し回ってでも捕まえて、

「あの件はどうなっているんだ?」

「これからどうしようと思うんだ?」

とか色々と仕事が増える羽目になる。

1月が嫌なことをねーさんに言ってみた。

きよすけ 「俺、1月がすごーい嫌なんだよね、社長に捕まったたら目も当てられん」

ねーさん 「あー、判るわwうちも嫌w 1月は社長が管理室に来る頻度が無茶苦茶高くなる・・・社長を見ただけで何か悪いことしたかなと思ってビクッとするw」

きよすけ 「だよねw 俺なんか逃げ回っていたのに昨日捕まったよ・・・お前何か報告するこはないか?ってね。???何もありませんって答えたら、新年早々に営業会議するのは当たり前だろ!早く日程を決めろって言われたわ。速攻で開催日時をみんなにメールしたわ、マジこえーわw」

ねーさん 「(爆笑)・・・・あ、うちにも社長からメール来てる・・・あの件どうなっているんだ?ってw もしかして今日中に処理しないとやばい?」

きよすけ 「ああ、やばいよ。ほっとくとまた顔を見に来るよw」

ねーさん 「いやーーーーーーー」

どこの会社の経営者も新年開始はこんな感じだろうか? 1月はまだ冬眠で良いと思うんだけど・・・温かくなる春から活動開始ってことで・・・・

まあ、冬休みは1日も出勤しなかったから気力は充実しているけどね。

ではまた、きよすけより

こんなに少なくなるのか・・・

ブログの休止を宣言した途端、閲覧数が激減・・・約4割強ぐらい減ったよ。

やっぱり更新頻度は大事だなと思ったわ。

再開しても以前の閲覧数に戻るとは思わないけど、また少しづつ見てくれる人が増える様にがんばります。

それと再開することを喜んでくれた方、ありがとう。きよすけ宛のメールや伝言がちゃんと届いてますよ^^

ではまた、きよすけより

 

きよすけ戦記②

工場内には管理室と言う部屋がある。

なにを管理しているのかと問い合わせしたいぐらい摩訶不思議な部屋なのだが・・・・

その管理室には日本屈指の美女が在籍している。・・・(本人に美女と書けと言われたので・・・)

私はこの管理室を「拷問部屋」と心では呼び、美女のことを「ねーさん」と呼んでいる。

昔の私は彼女を「姫」と呼び(実話)お仕えしていたがご主人様が替わった(姫→社長)為、現在は「ねーさん」と呼ぶようになった。

そのねーさんから「拷問部屋」に呼び出しをくらった・・・・嫌な予感しかしない。

ねーさん 「新年早々社長と同行出張になったわ」

きよすけ 「ああ、そうですか」

ねーさん 「とりあえず、カニ・ウニ・A5ランクの肉を用意しろ!」

きよすけ 「はあ?なんのことですか?」

ねーさん 「出張中の夕食のことよ、そんなこともわからんの?」

きよすけ 「はあ、気が付きませんでしたすみません。社長と同行と言うことならそのような高級な食材は無理ですね。自分から社長にお願いしたらいかがですか?」

ねーさん 「もう申請したわw けど無理って言われた。」

きよすけ 「まあ無理でしょうね、仕事で行くのですから・・・」

ねーさん 「だから今度は犬のお前からお願いしろ! ねーさんに美味しい食事を用意してほしいとな!社長も犬の言うことなら少しは考えてくれるでしょw」

きよすけ 「犬でも無理ですよ、そんなこと。絶対OKしてくれません」

ねーさん 「チッ、役に立たない犬だな・・・なら店を予約するとか強引な手を使えばいいじゃん、少しぐらい頭を使えや、本当にダメな犬だな・・・」

きよすけ 「す、すみません、無理なものは無理です・・・・」

ねーさん 「社畜とか社長の犬とか言われているのにその程度の信頼関係か・・・チッ」

きよすけ 「す、すみません」

なんで新年早々俺は怒られるのだ? まったく俺に関係ないじゃんw

ではまた、きよすけより

備考 最近社畜と呼ばれるより犬と呼ばれることが多くなってきました。

 

 

きよすけ戦記①

みなさん年末は忙しかったですか?

弊社は気温が高かったせいか思ったより忙しくありませんでした。(汗

さて、ブログ再開にあたってタイトルを「きよすけ戦記」と付けました。

社畜として日々戦う内容を綴りたいと思います。

ではブログ休止中に起こった出来事から新年の戦記をスタートしたいと思います。

その①

年末の出荷場にて。

社長・きよすけ・舎弟Kの3人が偶々居合わせてしまったことで始まった会話を抜粋。

思ったより出荷する荷物が少なくて不機嫌な社長が一言。

社長 「お前ら出荷量が少ないからってダラダラと仕事をするな!もっと効率よく働け!」

きよすけ 「舎弟K、社長が言う「お前ら」とはお前のことだぞw しっかり働けやw 「お前ら」に俺は含まれんからな、俺は別格だからw」

舎弟K 「ああそうですね、きよすけさんは「お前ら」に含まれないですね、なんせ社長の犬ですからw」

きよすけ 「ば、ばか!社長の前で犬と呼ぶな!w まあ犬と言われても仕方ないけど・・・・なんか嫌なんだよね・・・」

舎弟K 「え? 社長の犬と言う役割が嫌なんですか?w」

きよすけ 「うーん、できれば誰かに替わってほしいなあ。 あ、お前がなれば?w」

舎弟K 「絶対嫌ですよ!」

きよすけ 「・・・・・だろうな。」

そんな会話を聞いていた社長が

社長 「きよすけ、俺の犬になるのが嫌なのか?どうなんだ?」(超不満げな言い方)

か、勘弁してほしい、社員から犬と陰口を叩かれるのは仕方ないが本人がきよすけのことを犬と呼ぶのは・・・・

きよすけ 「社長の犬になれることは名誉なことですからうれしいです!」(やけくそ気味に)

社長 「そうだろ!(笑)」

 

その②

どうもきよすけの名刺の肩書(社畜部)が不明確なのか名刺を渡しても相手がピンとこないこと多い。

そこでわかりやすい肩書に変えることにした。

で、みんなに相談。

きよすけ 「なんかピンとくる肩書ないかなあ、社畜部って判りにくいみたいなんだ。」

ねーさん 「社長の犬 きよすけ  この肩書で一発で判ると思う。」

舎弟K 「俺もやっぱり社長の犬って言う肩書がいいと思うなあ、ああこいつは犬なんだって理解してくれると思う。」

おかちん 「もうめんどくさいから、副社長で!w」

みんな好きなこと言う・・・・しゃーない社長にも意見を聞こう。

社長 「うーん、流石に名刺の肩書が犬って言うのはまずいよね会社の名刺だし・・・社畜部って判りにくいといえば判りにくいよね・・・・まあ、お前の肩書なんて適当でいいんじゃない?w 考えるだけ無駄w」

・・・・・社長がきよすけ一人の為だけに社畜部を創設したから問題が起きているのに適当でいいなんて・・・・

本当に俺の存在価値があるのか疑問に思う出来事が多すぎ!

 

ではまた、きよすけより

備考 きよすけ戦記はノンフィクションとなっています。

瀬川の歴史を少し紐解くよ!

瀬川食品で50年働かれた恩師から私は瀬川イズムやレガシーを引き継いだ。(勝手にそう思っている)

でも私には引き継ぐ後継者がいない。

まあ、この時代引き継ぐ必要もないけどね。

でも折角、瀬川で働いているのに瀬川の歴史を知らないは寂しくないかい?

今では社長ときよすけ以外は歴史を知らないのではないだろうか。

古くからお付き合いのある得意先はできるだけきよすけが担当している、昔話ができるからね。

今回少しだけレガシーを紹介します。

紹介したいのは昭和時代に社運を賭けた計画がありました。

もちろん、現社長の時代ではない。

その計画はコードネームで「フェニックス計画」と呼ばれていた。w

計画書を読むと結構面白いし、大規模な計画なのだ。しかも実施されてる。

中身は瀬川食品をこれからどうやって繁栄させて行くかと言う壮大な計画。

私の先輩達の時代も必死だったのだなと思う。

このフェニックス計画で実施された物が現在の瀬川食品にも数点残っている。(私の記憶では数点しかないと思う)

何か判りますか?w

ま、判りませんよねw 知りたい人はきよすけまで!

あ、それと何故数点しか残ってないかと言うと、原因はきよすけが入社したから・・・

私が歴史ある瀬川のレガシーを20代の時にぶっ壊してしまった・・・ご、ごめん、当時は知らなかったのよ・・・

言い訳させてもらうと恩師からレガシーを引き継いだのが私が30代になってからなのです、もっと早く知っていればもう少し残せたかなと思うと残念。

ではまた、きよすけより

①今年の最終出荷日は12月26日となっていますのでお早目のご注文をお願いします。

②来年よりブログを再開します。