リニューアル商品

25年以上続けた「つけもの昆布」のデザインを変更します。

ついでに規格も変更し、デザインの選定はきよすけではなく、ご子息にお任せした。

2019年10月1日より発売します。

今回の内容量は30g・袋はチャック袋です。

もし店頭で見かけたら購入をお願いしますね。

ではまた、きよすけより

見つめる目

トイレから出ると、きよすけを見つめる目と合った。

何か言いたげな雰囲気。

きよすけ 「何?」

舎弟K 「自分の得意先の注文は自分で商品を梱包しろ!」

きよすけ 「はあ?」

舎弟K 「要は手伝えって言ってるの!」

きよすけ 「あ、はい、了解です。」

そこにおかちんが通り掛かった。

きよすけ 「おかちん、舎弟Kに自分の所の注文は自分で梱包しろと言われた、おかしいでしょ。」

おかちん 「いや、当然のことだ。お前がやれ!」

おかちん 「お前は社畜として社員さんの雑用をするのが仕事だろ。w」

・・・・こりゃ本当に役職が逆転してるわ。

ではまた、きよすけより

次世代の社畜②

連日、子供が残業してる。

このままだとマジで瀬川一族に洗脳され社畜にされる恐れが出てきた。

そしてご子息様がきよすけ子供と同じ部署で働くと言い出した。

いよいよヤバい。

きよすけ 「ご子息様、うちの子供と働くのは良いのですが、彼はバイトなんで調教の必要もないですし、仕事が落ち着いたら辞めますので普通に接してくださいね。」

ご子息 「wwww」

・・・・就業後

きよすけ 「ご子息様、まさか社畜として調教してないでしょうね!!」

ご子息様 「ああ、きよすけ子供は問題ないです、僕が調教しなくても、もうすでに調教済みでしたw きよすけさんと同じく彼は完全な社畜として活躍できますw」

きよすけ 「うそでしょ、調教いらないの?w」

ご子息様 「きよすけさんと同じく超どMなんで、仕事を覚えればすぐにでも瀬川食品の社畜して働けますよw」

ああああああ、父親から受け継いだ遺伝子、それと普段から社畜としての姿を見せているから自然に社畜とはどういうものかを知っていたのか・・・・

もう瀬川食品なんて知らん、社畜根性を出して子供を助っ人で呼んだ俺がアホすぎた、子供の将来をダメにしてしまう・・・早く辞めさせなければ取り返しのつかない状態になる可能性が出てきた。

ではまた、きよすけより

半面教師

きよすけの通院の日は子供の送り迎えができない。

きよすけ 「あのさあ、〇日はお父さん会社休んで病院に行くから、送り迎えができないのよ、お前もバイト休む?」

きよすけ子供 「お父さん、その日だけ休んだらいっしょに働いている社員さんに迷惑を掛けるよ、だからバイト行きたい。」

仕方ないので舎弟Kに子供の送り迎えをお願いした。

きよすけ 「舎弟K、ごめん、俺通院で休むから〇日に子供の送り迎えしてくれる?」

舎弟K 「別にいいですけど。」

きよすけ 「社員さんに迷惑を掛けるから、バイト休みたくないって言うのよw」

舎弟K 「はあ? 全然きよすけさんと違うじゃないですか、そんなに気を使える子供なんですか?w 全く父親と違いますねw」

おかちん 「舎弟K、これはなあ、父親の悪い所に見て反面教師にしているんだよ。きよすけに子供の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいわあw」

言いたい放題である。

確かに、子供は良い性格に育った。すべては俺の教育の賜物と言いたい。

ではまた、きよすけより

次世代の社畜

先日、急遽きよすけの子供をバイトで工場に入れる記事を書いた。

もちろん、子供に話す前に社長に相談。

きよすけ 「社長、今忙しくなったので短期間バイトを入れようと思うんですけどいいですか?」

社長 「誰を入れるの?」

きよすけ 「うちの子供ですw」

社長 「お、いいね。社会勉強になっていいんじゃないw 次世代の社畜候補としての素質も見れるしw」

きよすけ 「いえ、急場しのぎの対応ですし、ただのバイトです。将来の社員にさせるつもりはありません。」

社長 「まあまあ、とりあえずバイトさせてから考えようよw」

・・・・・

ではまた、きよすけより

道南・三陸入札

今週はスルーします。

きよすけは応札しないと言うこと。

社長が応札するか知らないけれど、もし落札があった場合は彼の札ですw

もうね、価格が高すぎて楽しめないのよね。

今後は入札表を見てほしい物があった場合のみ応札しようかなと思います。

特に三陸は心が萎えたw 別の産地の原料を調達した方がストレスないわw

秋冬商品の案内中だからすぐに切り替えができないけど、年が明けたら原料と規格を検討します。

ではまた、きよすけより

ご子息様とグルメツアー

ご子息様と同行出張に行ってきた。

同行出張というよりかご子息に各地域のグルメを堪能してほしいとグルメツアー風の出張予定にした。

まあ、正直、きよすけの営業力なんか当てにされてないしね。

しかーし、出張初日から高速道路が事故で通行止め!! 時間がかかるが国道を走るしかないけどこれではアポを取っている得意先との商談に遅れる!!

でも商談が遅れても知らん、今回はグルメツアーだから、昼飯が大事なイベントなんだ。

すぐに得意先に連絡し、遅刻する旨を伝え、名物のお店に直行!!!

・・・・・定休日でしたw

初日からグルメツアーが台無しじゃん!

きよすけ 「ご、ごめん、ご子息様、お客様を待たせているのでお昼は何でもいい?w」

ご子息 「ww、何でもいいっすw」

翌日、 今日こそはお昼に名物料理を食べるぞ!と意気込むが、商談と商談の間の時間がタイトで予定のお店に行けない・・・・

焦ったきよすけは、次に訪問するお得先に連絡w

きよすけ 「もしもし、ごめん、仕事の電話じゃないのだけど、おいしい長崎ちゃんぽんのお店ない? 今長崎に向かっているからちゃんぽん食べたい。」

お得意先 「近所にあったけど、店が潰れたw」

きよすけ 「ちょっと待ってよ、今ご子息と同行しているから美味しいもの食べたいのよ、他を探してよw」

お得意先 「紹介できるとこないw」

仕方ないので、以前他の得意先で紹介してもらった中華料理屋でチャンポンを食べたw

今回折角グルメツアーを計画したのに、結局仕事優先になってしまった。

ご子息様ごめんね。

ではまた、きよすけより

高額な椅子

自宅のパソコンチェアを1年前に購入した。

以前も記載したが耐荷重150gの高額な椅子だ。

でも、やっぱり1年で壊れたw

今回は耐荷重を考えた為、座高調整のエアーは無事だったが、背もたれが変形してしまい、もたれかかると後ろにひっくり返るほど、酷い変形の仕方。

もちろん、3回ぐらいひっくり返った。w

もう高額でも安価な椅子でも1年しかもたないことが判明したので、高額な椅子を買うのは辞める。

新椅子は50%OFFの椅子を購入しました。

俺は1年ごとに買い替えるしか選択肢はないらしい。

ではまた、きよすけより

エディオンで買う気か?

社畜のきよすけは重要書類を扱うことが多い。

その書類はもちろん、社員に見せることはできないし、普通のゴミとして捨てることもできない。だからシュレッダーで裁断し捨てるようにしています。

でも今年はこのシュレッダーを使用する人が増えた、もちろんご子息様のこと。

彼もすでに重要書類を扱っているので裁断し捨てるようにしている。

しかし、ご子息はシュレッダーの使い方が全然判ってない!!

シュレッダーに溜まったゴミが一杯になるともちろん機械は動かなくなる。

ご子息 「なんか動かないんですけど・・・・」

答え、ゴミが一杯だからです。

仕方ないので舎弟Kがゴミを処理し動くようにする。

数日後、きよすけがシュレッダーを使用しようとすると動かない。

ゴミも溜まってないことから機械のメンテが必要と判断。

メンテ中・・・・・裁断された金属片が出てくる出てくる・・・・

あ、ホッチキスの針だ!

もしかしてご子息はホッチキスの針を付けたまま、裁断している?w

そんなことしたら壊れるわw

もしかして、わざと壊して自分の気に入ったシュレッダーをエディオンで買う気か?w

ではまた、きよすけより

備考 「エディオンで買う気か?」と言うのは身内しか理解できないと思います。あしからず。

新ご主人様誕生②

ご子息の教育係(執事とも呼ぶ)はきよすけである。

だからご子息宛のメールも「CCきよすけ」で送られ、きよすけもメールを見ることが可能。

ある日の出来事。

ご主人様から1通のメールがご子息様宛に届いた。内容がこれw

ご子息 「・・・・これはなんでしょうかw」

きよすけ 「親子なんだから以心伝心で判るでしょw」

ご子息 「この内容はあまりにも不明で何をして良いか判りませんw」

きよすけ 「俺はなあ、いつもこんなメールを送られてきて、仕事しているんだ。ご主人様の気持ちになればメールの意味が理解できる! 息子なら尚更理解しないとw」

ご子息 「初見で、この2行しかない内容では理解しようにも・・・・」

きよすけ 「甘えるな! 君は20年以上親子の関係なんでしょ、ちゃんとご主人様を理解してあげなと可哀そうだ。君が責任を持って処理しなさい!」

と放置することを決めた。

どんな内容でも理解し仕事を処理するのが側近の役目だ。

しかし、理解に苦しんだご子息はきよすけをずっと見つめ、動かないw

きよすけ 「何を見てるの? さっさと処理しなさい、急がないとご主人様からお怒りがくるよw」

ご子息 「マジで理解できないのですが・・・・」

きよすけ 「まあ、がんばれ」

と言ってもきよすけを見つめて動かないw

きよすけ 「何か言いたいの?」

ご子息 「お前がやれ!!」

きよすけ 「え? 俺ですか?」

思わず上司と言うことを忘れ、社畜モードになってしまった。

結局、きよすけが処理することに・・・なんてこった。

そして引き続き来たメールはすでにご子息宛ではなく、「宛先 きよすけ・CCご子息」

また2行の命令・・・・

ええ、やればいいんでしょ!! どうせご子息宛にメールしても新ご主人様として社畜に命令して処理する羽目になるんだから・・・

ではまた、きよすけより